車の一括査定会社はたくさんありますし、それぞれの会社ごとにサービスの内容は異なります。
どこの会社もライバル会社に負けないように、利用者に対しての独自のサービスを打ち出しています。

また、利用者のことを考えてできたサービスには一括査定のデメリットである
営業電話が殺到しやすいといった悩みを解消したサービスも登場しています。

まったく営業電話が来ないサービスもありますので、
そういったサービスは一括で依頼しないという点では
一括査定サイトとは呼べなくなったサービスなのかもしれません。

ですが、たくさんの買い取り店の中から高額買取できるお店を探すという観点からみると
一括査定サイトとまったく遜色がないサービスが多いです。

むしろ一括査定よりも依頼しやすくて初心者でも高価買取が実現しやすい
良いサービスになっていたりしますので車一括査定のおすすめランキングとして一緒にご紹介していきます。

そもそもなぜ車の一括査定サービスは人気があるの?

中古車買い取り店は世の中に数えきれないほどあるのですが、
各お店ごとに売却ルートも買取の基準も異なりますので、
査定掲示額もバラバラになることが多いです。

買い取り店によって査定額は違う実例1

たとえば、以下はカービューでホンダフィット平成28年式を実際に一括査定された30代男性の口コミです。
口コミをみますと、この30代男性は「買い替えをすすめられたことで売る気が失せた」と

ちょっと辛口な意見だったのですが、
それでも3社の査定のうち最高値では120万円、最安値では90万円と
2016年式のフィットの査定掲示額が30万円もことなりました。

買い取り店によって査定額は違う実例2

もう一件、取り上げたいと思います。

こちらもカービューでトヨタプリウス平成28年式を
実際に一括査定された60代男性の口コミなのですが
最高値では170万円、最安値では140万円とこちらも30万円ほどの差がつきました。

どの愛車でも高く売れるとは限らないのですが、
一括査定を依頼すると、高く売れるときにはかなりの差が開くときがあります。

複数のお店に一括査定をした場合と、そうでない場合では
ボーナス1~2回分も違ってくることになってしまいます。

※車種やタイミングによってはどこのお店も似通った査定額になることもありますので
実際に査定依頼してみないとわかりません。

このように査定掲示額はお店ごとに異なることが多いですが、一括査定サービスを利用しないで、
直接たくさんの中古車買い取り店に査定を依頼するとなるとかなりの労力と時間が伴います。

そもそも一括査定を利用しない場合、お店側からみても、他店と競争するわけではないので、
自分たちのペースで交渉しようとしてきます。

たとえば、できるかぎり安めの査定額を掲示したり、売る気を見せないユーザーには、
なかなか査定額を掲示しようとしないことが多いです。

それに比べて、一括査定ならお店としても一括査定利用者の意向をいち早く伺って、
意見があえば他店に横取りされないようになるべく高めで買い取ろうとしますので、
結果的に短期間で高く売ることができたりしやすいです。

車の一括査定サービスにもいろいろな特徴があります。

「車の一括査定サービスはどこも同じでしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
一括査定サービスに近いサービスも含めると実際には全く違います。

とにかく提携社数の多さで勝負しているサービスがある一方で、

電話対処が苦手な人専用ともいえるサービスがでてきたり、
jadri加盟店のみを選べるサービスがあったり、
自宅の出張査定やお店への持ち込みが苦手な人向けにガソリンスタンドへの持ち込みができるサービスだったり

といろいろあります。

さらに一括査定サービスを展開している地域も異なりますので、
ただ単に提携している買取店の数の違いだけというわけではないのです。

これから、一括査定会社やそれに近いサービスの具体的な特徴を説明していきますので、
あなたに合ったサービスを探してみてくださいね。

車の一括査定に提携している大手買取店だからといって車を高く買ってくれるとは限らない。実例1

一括査定でまず選ぶのが大手中古車買い取り店で、地域密着店は高価買取するとは思えないから選ばないという方がいます。

ですが、それは勘違いであり、非常にもったいないです。

大手中古車買い取り店には、ビッグモーターやガリバー、カーチス、アップル、ラビットなどCMでバンバン知名度を上げているお店が多いですよね。

ですが、「名前を聞いたことがないんだけど」と思える地域に根付いたローカルのお店のほうが
高く買い取ってくれるということも実際にあります。

誤解があっては困りますが、大手よりも地域密着店のほうが高く売れやすいというわけではありません。

車種やお店の取引先などにも左右されますので、実際にどこが一番高くれるのかは依頼してみないとわかりません。

たしかに、大手のほうが知名度が高くて受け入れやすいというのはわかりますが、
そればかりに気を取られていると、せっかくの高く売れるチャンスを
自ら手放してしまうリスクがあります。

たとえば、以下は秋田県からの楽天オートの口コミなのですが、
カーアクセスさんに査定依頼したことで下取りよりも32万円も高くトヨタハイエースを売却することに成功されています。

ちなみにカーアクセスさんは以下のように地域密着型のローカル車買取店です。
なんと令和元年5月にオープンされたそうです。
現時点(2019年7月)では、ごくごく最近できたばかりのお店です。

秋田県にガリバーやアップルといったお店がありますが、
結局、一番高く買い取ったお店はカーアクセスさんだったということになります。

車の一括査定に提携している大手買取店だからといって大手買取店だから車を高く買ってくれるとは限らない。実例2

もう一件取り上げたいと思います。たとえば、以下は鳥取県からの楽天オートの口コミなのですが、
チャレンジオートさんに査定依頼したことで下取りよりも17万円も高くメルセデスベンツを買い取りしてもらうことに成功されています。

ビッグモーターやカーセブンといった大手にも査定依頼したそうですが、大手との交渉はうまくいかなかったものの地域密着型のチャレンジオートさんが気持ちよく査定価格を掲示してくれたとのことなので、うまくいったと口コミに書かれています。

ちなみにチャレンジオートさんは以下のように山陰、島根県松江、太田を中心に拠点としている地域密着型のローカル店です。ですが、大手に負けないで高価買取されています。

なので、大手中古車買い取り店だけでなく地域密着型のローカル店もきちんと選ぶようにしましょう。

【2020年先取り版】車一括査定のおすすめランキング

1位:goo車買取!(愛車の概算相場を知りたい方や営業電話なしで高値買取してくれそうなお店を見つけたい方向け!)

goo車買取は株式会社プロトコーポレーションが運営するグーネットの姉妹サイトです。グーネットはCMでも放送されるくらい有名なので安心です。

goo車買取はすぐに愛車を売る必要はないけど、どのくらいの価格で売れそうなのか概算の買い取り相場を知りたいというときに、過去のgooが保有するこれまでの40万台以上の取引データから算出してくれるので参考にしやすいです。

なので、今の時点では売りたくないけど概算相場を知りたいという方も利用しています。

さらに高値買取してくれそうなお店を割り出し個別に査定依頼するサービスなので、まとめて査定依頼するサービスではないことから一括査定とは言えないです。

ですが、もともと一括査定の電話殺到などの対策から生まれたサービスですので営業電話嫌いな方や複数のお店と交渉するのが苦手な方にとって、査定依頼の前の段階で愛車の車種の強化買取店がわかるのは非常に利用しやすいサービスといえます。

具体的にはgoo車買取の加盟店は大手買取店を含めて全国300店舗以上!それらの店舗の中から、愛車の車種を高値で買い取りたいお店を、gooが保有するこれまでの40万台以上の取引データから選び出して検索結果として有力な数店舗を候補として一括表示してくれます。

このようなシステムになっているので、通常の一括査定サイトのように複数の買い取り店に一括査定依頼することによる営業電話とかは一切かかってきませんし、買い取り意欲のないお店を選んでしまうこともありません。

ここが通常の一括査定サイトにない強みです。

ただ、査定依頼をするときには1件1件別々にこちらから依頼することになるので通常の一括査定のように同時に査定依頼することはできません。

ですが、その分焦らされることもありませんし、goo買取の仕様が検索結果に他のお店も複数表示される仕組みになっているので、ライバル店よりも有利に交渉をすすめたいという意思がお店にでてくるため、通常の一括査定と同様に高価買取に結び付きやすい構造になっています。

一度、申し込んでも買い取り店と契約するまではキャンセルが無料です。
契約した場合は、お店の契約書ごとにキャンセル料に対する方針が異なりますので
契約する前に必ず確認してください。

button_001

1位:カーセンサー(メールのみでよりたくさんの買取店から高価買取店を選びたい方向け!)

カーセンサーはあのCMで有名なリクルートが運営している一括査定サイトです。CMをバンバン打ち出しているので、ここ数年の成長度は目覚ましく提携している車買い取り会社の数はなんと500社⇒1000社以上にまで膨れ上がりました!

一括査定依頼可能な買い取り店の数は30社と国内最大級を誇ります。

規模が大きいので大手の有名車買い取り店から地域密着型の車買い取り店まで幅広く提携していることから、お店選びに困りませんし、より多くの買い取り店に競争させて査定依頼することが可能となり、高価買取を実現しやすいです。

このカーセンサーのすごいところはメールのみの査定を希望できるところです。そのやり方というのも連絡希望時間帯の空欄に「メールのみの連絡希望」と記載しておくだけです。

実際には、メールのみで設定しておいてもビッグモーターやガリバーのように自動設定しているところでは電話がかかってきますが、それ以外の車買い取り店はメールのみで設定しておけば、電話がかかってこないので、精神的な負担が減って、とても助かります。

一度、申し込んでも買い取り店と契約するまではキャンセルが無料です。
契約した場合は、お店の契約書ごとにキャンセル料に対する方針が異なりますので
契約する前に必ず確認してください。

button_001

2位:ユーカーパック(自宅に出張査定に来てほしくなくて希望額に達したら売りたい方向け!)

ユーカーパックは、2016年の4月あたりから本格的に展開をし始め、サービスの提携社数は2000⇒最大5000へと急成長を遂げました!

それもそのはず、たった一度だけ提携のガソリンスタンドに愛車を持ち込んで査定をしてもらい、その査定情報をもとにオークション形式で提携している買い取り店が競い合い、買取価格が掲示されるので、営業電話が来なくても最高値で売れやすい構造になっています。

もちろん、ガソリンスタンドへの持ち込みでなくても自宅に出張査定してもらうことが可能です。

そして、最低希望売却価格が設定できるので、その価格を下回ったときにはキャンセル料は無料なので
無理して売却する必要がありません。

※最低希望売却価格を上回った場合は必ず売却する必要がありますので相場だけを把握したいという方には不向きです。

ただ、以前よりも車査定を受けられる店舗がほぼ全国的に普及してきたのですが、それでもかなり普及している県とそうでない県にわかれます。特に2019年7月時点では全国で山梨県だけまったく普及していません。

そして1県につき1つの市しか普及していない地域も和歌山県(和歌山市)・高知県(高知市)・宮崎県(宮崎市)となっています。なので普及していない地域の場合は利用することが難しい点だけ2位の評価となりました。

button_001

3位:車査定・買取の窓口(1社だけなら電話でやり取りしてもいい方向け)

車査定・買取の窓口はバリュークリエーションが運営している中古車査定買い取りサービスです。2017年7月に開始されてから、わずか2年間での利用者数はなんと7万人を超えました!

このサービスも一括査定とは違い、申し込んでも電話が殺到することはありません。

経歴15年以上のベテランスタッフさんが愛車の車種が一番高く売れそうな買い取り店を1社だけ見つけ出し、そこからの電話だけしかこないようになっているので精神的にラクです。

車査定・買取の窓口が確保している80万台ともいわれる膨大な中古車取引データから買い取り店を選ぶので、連絡が来るまでに時間がかかりやすいです。だいたい3日以内には連絡が来るシステムになっています。

どのくらい高く売れそうなのかは、車種ごとに異なるのでやってみないとわからない面がありますが、希望額に達しなかった場合には、売らなくてもキャンセル料は無料なので安心です。

button_001

4位:一括査定.com(徹底的にトラブルを避けたい方向け!)

一括査定.comは社団法人の日本自動車流通研究所(通称JADRI)が運営する一括査定サイトです。JADRIは消費者の味方であるJPUC(ジェイパック)とも提携しています。JADRIの多くはJPUCの監修会員になっています。

JPUCの監修会員になっている加盟店は悪質な営業マンにありがちな契約後に愛車を引き渡していないのにキャンセル料を要求された場合、契約を解除することができます。

そして、愛車を引き渡してしまっても翌日までなら無料キャンセルすることができます。

さらに再査定も原則禁止しています。詳しくは

JPUC監修の加盟店の車買い取り業者だけに依頼して二重査定防止!?

に記載していますのでチェックしてみてくださいね。

JPUC会員の買い取り店でない場合でも
一度、申し込んでも買い取り店と契約するまではキャンセルが無料です。

契約した場合は、お店の契約書ごとにキャンセル料に対する方針が異なりますので
契約する前に必ず確認してください。

button_001

5位:カービュー(営業電話に抵抗がない方向け!)

カービューは提携業者200社以上、利用者数450万人の知名度の高い一括査定サイトです。もともとはソフトバンクが2000年5月に始めたのがはじまりなので国内で先駆け的な存在です。

ですが、現在2019年時点ではヤフーの子会社である株式会社カービューが運営しています。カービューが運営しているサイトには「みんカラ」が有名です。

いまから数年前はカービューが席巻していましたが、昨今はユーザー目線の改良版一括査定サイトといってもいいサービスが次々と誕生していることもあり、少し押され気味です。それでも個人情報厳守を宣言しているので安心して使いやすいです。

カービューは最大8社に同時査定依頼することができますので高価買取してもらいやすいですが、買い取り店の数を増やすと営業電話とメールが多くなることから、電話やメールが来ても抵抗がない人に向いています。

もし、同時査定依頼数にこだわりがない場合には、3~4社くらいにとどめておいたほうがいいかもしれません。

一度、申し込んでも買い取り店と契約するまではキャンセルが無料です。
契約した場合は、お店の契約書ごとにキャンセル料に対する方針が異なりますので
契約する前に必ず確認してください。
button_001

6位:楽天オート(ポイントをもらいながら査定をしたい方向け)

楽天オートは楽天市場が運営する中古車一括査定サービスです。

最大10社へ同時査定依頼することができます。

提携している買い取り業者は100社以上と少なめなのですが、
口コミからも結構高く売れている方が多いです。

不動車・事故車でもなんでも売ることができます。

楽天オートの一括査定を申し込むと5ポイント、
さらに買い取り業者と交渉⇒売却先が決定⇒愛車の引き渡し完了
⇒成約申請⇒楽天ポイント1500ポイントがもらえます!

一度、申し込んでも買い取り店と契約するまではキャンセルが無料です。
契約した場合は、お店の契約書ごとにキャンセル料に対する方針が異なりますので
契約する前に必ず確認してください。

button_001

7位:外車王(こだわりの外車の価値を評価してほしい方向け!)

外車王は日経新聞やテレ東、ラジオCMなど掲載実績のあるカレント自動車株式会社が運営する輸入車専門18年以上の中古車買い取り会社です。年間外車取引台数はなんと1500台!外車に対してこだわりのある5000人の顧客を抱えているため、高額査定になりやすいのが特徴です。

外車王は一括査定というわけではないのですが、外車だけに特化しているので、一括査定でも、なかなか愛車の価値をわかってもらえるお店に出会えなかったときに希望となるのでランキングに加えました!

一度、申し込んでも買い取り店と契約するまではキャンセルが無料です。
契約した場合は、お店の契約書ごとにキャンセル料に対する方針が異なりますので
契約する前に必ず確認してください。

button_001

8位:DMM AUTO(値段がつかないような故障車や災害車、事故車・長期放置車を売りたい方向け)


DMM AUTOはCMでもご存じのDMM.COMが運営しているスマホ専用の車査定サイトです。
(※PCからはご利用できません。)

スマホで愛車を撮影するだけで車査定売却を目指すシステムになっています。

撮影した画像をAIが読み込んで、DMM AUTOが独自分析したリアルタイムな中古車買い取り相場価格と
愛車の情報を照らし合わせて査定するシステムです。
営業電話はもちろんありません。

画期的なサービスではあるのですが、このサービスはスタッフによる目視査定がないので、
愛車のプラスポイントがわからないですし、
愛車のキズやへこみ、臭い、汚れなどのマイナスポイントを知ることも不可能です。

ですが撮影情報の時点で、査定価格を出してしまい売却手続きへと進む流れになっています。

なので、をあらかじめ差し引いた状態で査定価格が掲示されてしまうリスクがあります。
※こればかりは、その時のタイミングがありますので、やってみないとわからない部分があります。

ですので、安値で売ることがないように、ほかの一括査定サービスと合わせて査定結果を
比較しながらの利用が良いです。

このサービスにはとても良い面もあります。

故障車や災害車、事故車・長期放置車といった状態が非常に悪くても何とか動く車なら
通常ならまったく値段がつかないような車でも1万円以上で買い取る保証サービスがあります。

他の一括査定では値が付かなくて手数料を支払わなければ引き取ってくれないという場合でも、
このDMM AUTOなら1万円以上で売れてしまいます。

※不動車や盗難車、改ざん車、接合車、違法な車、名義変更に必要な書類がない車、鍵の紛失車などは
買い取りの対象外となっておりますので、事前に注意事項の確認をしておくことをおすすめします。

一度、申し込んでも売却手続きをするまではキャンセルが無料です。

手続きをしてしまうと、キャンセルが難しくなりますので
売却するかどうかについてよく考えたうえで判断をしてください。

button_001