車一括査定か下取りか考える
あなたは愛車を売りたいと思った時、どのように車の価値を知ろうとしますか?

1.ディーラーに下取り査定してもらう
2.インターネットを使って個人情報入力なしで査定価格を調べる
3.インターネットで最低限の個人情報を入力してオンラインで一括査定サイトに申し込む

この中で2.の個人情報入力なしで調べたいと考える方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし私も試して分かったことですが個人情報入力なしで車買取相場を知ろうと考えたりすると愛車の本当の価値を知ることができないのです。

たしかに車の一括査定サイトは最低限の個人情報を入力する必要があり、デメリットもあります。

ですが、デメリットは対策をすることで乗り切れるだけでなく、その対価として下取りよりも高く売れるんです。

さらにディーラーに愛車を持っていって下取りしようと考えてる場合には一括査定と比較して最低でも10万円以上多ければ100万円以上安く売らされてしまう傾向があります。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

以下の一括査定サイトの楽天オートの下取りと買取の価格の比較でも現時点で15万円ほど下取りのほうが安く売らされていることが実証されています。

下取りと買取の差額の画像

普段下取りをメインで売却されてきた方にとって、そんなに価格差が生じるわけがないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、以下の実際に売却された証拠画像を後ほどご覧いただけると、きっと納得していただけるものだと思います。

車査定の相場をオンラインで無料見積もりをする方法はたくさんありますので初心者の方はその中でも個人情報の入力なしである程度の車査定相場がわかるところを利用してしまいがちですが、それが落とし穴にハマるきっかけになってしまうでしょう。

ホンダヴェゼルが下取り査定よりも最大で102万円も高く売れた実例

以下は当サイトで一括査定を申し込み体験された方のホンダヴェゼルです。一括査定で下取りよりもはるかに高く売ることができました。しかもディーラーに下取り売却するよりも最大で102万円もお得だったことが分かりました。

では、どのようにお得なのか実際の証拠画像を用いて検証していきます。

車買取ビッグモーター・ホンダヴェゼル画像
◆ホンダヴェゼルの詳細◆

■年式:2014年 RU3 1500CC グレードハイブリッドZ
■新車購入から売却まで期間:2年経過車
■走行距離:約12500キロ
■新車価格:238万円(※トヨタ下取りシュミレーション参考価格より)

このホンダヴェゼルをトヨタに下取りに出した場合、いくらになるのでしょうか。

トヨタの下取り査定では・・・

そしてこのホンダヴェゼル(2014年式RU3 1500CC グレードハイブリッドZ)を個人情報なしのトヨタの下取り査定で調べてみますと188万円と記載されています。

もちろん傷やへこみなどがなく減額要素がない状態での価格ですので実際に下取りしてもらうとさらに減額される可能性が高いです。

トヨタ下取りヴェゼルの画像

■トヨタの下取り査定■
ホンダヴェゼルの下取り査定価格:188万円

 
では、日産にホンダヴェゼルを下取りしてもらうと、いくらになるのでしょうか。

日産の下取り査定では・・・

同じ条件で個人情報なしの日産の下取り査定で調べてみますと123~150.5万円と記載されています。

トヨタの下取り評価と比較してみますと、さらに35万円以上低い評価ですね。

下取りは、あくまで引き取るという要素が多いので、プラス要素は加味されないことが、このような結果に反映されていることになります。

日産下取りヴェゼルの画像

■日産の下取り査定■
ホンダヴェゼルの下取り査定価格:123~150.5万円

その点、一括査定は買取がメインですので、プラス要素は加味してもらえるので結構な高値で売れます。

一括査定で最高値を掲示したビッグモーターの買取額は?

車買取ビッグモーター・ホンダヴェゼル買取価格画像

■ビッグモーターの一括査定による買取価格■
ホンダヴェゼルの一括査定買取価格:225万円

225万円という買取額には驚きました。ほぼ新車価格238万円に近い買取価格での売却に成功された実例といえますね。

■ホンダヴェゼルの評価額比較■

●日産の下取りシュミレーション:123~150.5万円
●トヨタの下取りシュミレーション:188万円
●ビッグモーターの一括査定買取価格:225万円

下取りと一括査定では最大で102万円の差額に・・・

このようにトヨタや日産の下取りシュミレーションのように個人情報の入力なしで調べることで下取り査定価格を知ることはできます。

しかしその下取り査定価格を車の真の価値だと思ってしまうと、安く掲示されてるのにそういうもんだと売ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

もし一括査定で買取店に査定してもらえばボーナス1~3か月分くらい高く売れたことになりますので車を売る場所はよく考えて売るようにしないと大損のきっかけになります。

ちなみに知人は楽天オートでホンダヴェゼルの一括査定を申し込みました。

⇒こちらで楽天オートの詳細について説明しています。

そして車を売却した先はビッグモータでした。

詳しくは以下の記事で詳細を記載していますのでよかったら読んでみてください。

車買取ビッグモーター!本当の良い・悪い評判・口コミ・トラブル対処法!

では一括査定サイトを使用して愛車を売却した中古車買取の口コミ・評判はどのような感じなのでしょうか

以下は一括査定という方法で複数の買取店に査定してもらった方の楽天オートの口コミなのですが、下取り査定での掲示額と実際の車買取価格ではかなりの差があることがわかりますよね。

ダイハツミライースが下取り査定よりも32万アップで売却された実例の口コミ

車買取宮城県口コミ・評判トップページ画像
↑なんとダイハツミライースは下取り査定で28万円と言われたのに、実際の買取価格は60万円なので32万円高く売れたことになります。下取りに出さなくて一括査定で売っただけなのに・・・びっくりしますよね?

この口コミ・評判では電話が鳴りやまないと書かれていますね。私の経験では、電話やメールが多いのはあくまで初日だけです。

「すでに売ってしまいました」と言えば、買取店から電話はかかってこなくなります。

あくまで他の買取店よりも先に買い取りたいので、慌てて電話してくるから、鳴りやまないという現象が起きているだけですので、安心してくださいね。ただ、仕事前に無料査定を申し込んでしまうと、仕事中に電話がかかってくるので、対応が忙しくなってしまいますので、仕事が終わった後や次の日休日というときに申し込むのがベストと言えそうです。

アウディが下取り査定よりも22万アップで売却された実例の口コミ

車買取宮城県口コミ・評判トップページ画像2
↑アウディも下取りで150万円と査定されたところ、一括査定では22万円アップの172万円で売却。ただ売る場所が異なるだけなのに、22万円の差はでかいですよね。

トヨタのランドクルーザープラドが下取り査定よりも30万アップで売却された実例の口コミ

車買取北海道口コミ・評判トップページ画像1
↑トヨタのランドクルーザープラドはとても人気がある車なので、値落ちしない車種として知られています。ですので、買取価格が370万円とかなりの高額になっていますね。下取りに出してしまうと30万円のダウンになってしまいますので、下取りに出さないほうが良いということになりますね。

スバルのフォレスターが下取り査定よりも45万アップで売却された実例の口コミ

車買取北海道口コミ・評判トップページ画像2
↑こちらも一括査定サイトを利用すると、下取り査定では50万円と掲示されたスバルのフォレスターが45万円アップの95万円で売却成功となりました。なんと2倍近い価格差ですよね。

平均的な売却金額で比較しても下取り査定よりも一括査定の買取のほうが15万円もアップに!

車買取と下取りの買取額の差額

上記の楽天オートの画像を見ていただくと書かれているとおり、下取りと一括査定による買取との差額が15万円になっていることがわかりますね。
このデータは半年ごとに更新されるのですが、前回は差額が13万円ほどでしたが最近ではさらに差額が開いています。

もちろん、軽自動車や高級車、人気車、不人気車といったように多種多様ですし、車の状態などにも影響されますので、下取り査定と一括査定の価格差の開き方はそれぞれですが全体的な平均で考慮しても下取りと買取ではかなりの差があることがわかりますね。

とても評判のよい車買取一括査定サイトをランキングとしてまとめてみました!

私や知人は多くの車買取一括査定サイトに申し込むことで下取りよりも大幅に高く買い取ってもらうことに成功しました!

一括査定を申し込むと愛車の情報やカンタンな個人情報は入力しますが、車を高く売るためには必要なことです。

そして申込をすると、すぐに電話やメールが来ますがあくまで多いのは当日だけです。買取をしたいからすぐに電話をしてくるだけですので数日経過するとまったく連絡が来なくなりました

査定を依頼するときに買取店の数が多ければ多いほど、電話やメールの数が増えますが、あくまで車を買い取りたいから電話やメールをしてきていること、用件が済めば電話やメールが来なくなることを知っておくだけで安心感が違います。

断るときには「もうすでに売却したんですよね。」といえば電話やメールが来なくなります。査定を依頼する買取店の店員の話し方や態度、雰囲気などを探るために電話でのやり取りはしておいたほうが良いと考えます。

以下の車一括査定サイトが提携している車買取店は大手は被るところもありますが、個人で経営している買取店などはそれぞれ異なったりします。それぞれの中古車買い取り専門業者によって得意な車種などが異なりますので最低でも3社以上を含めておくといいです。

そして、ビッグモーターやガリバーは入れておいた方がいざというときに高値買取してもらう確率が高くなりますので私は常に一括査定サイトを申し込むときに選択しています。

愛車の価値をわかってくれる車買取店を多く集めれば集めるほど高く売れるチャンスを手にしますので、いろんな一括査定サイトを試して、貴方に合った買取店を見つけてみてくださいね。

  1. カーセンサー(電話のやり取りしたくない方に!)

    carcenser

    カーセンサーは、あのCMで毎日見かけるリクルートが運営しているので知名度も信頼度も抜群です。

    チェック印メールだけのやり取りができます!
    チェック印すべて無料!キャンセル料なし!

    電話でのやり取りをしたくないときにメールだけのやり取りができるのがカーセンサーの最大のメリットです。私も最初は電話のやり取りに気が進まなかったので、メールだけでやり取りして対応が良くて自分に合った車買取店を選んでました。

    申し込み欄を入力していくとメールアドレスの入力項目がでてきます。その下に”任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合はこちら”とありますので、そこをクリックして連絡希望時間帯の入力項目の空白に”メールのみの対応を希望します。”と入力することでメール対応だけで済みます。電話がかかってくるのが嫌だという方におすすめの方法です。

    また、カーセンサーと提携している車買取店の総数は500社を超えていて業界トップです。ですので、あなたの愛車の価値をわかってくれる車買取店を見つけやすいです。

    button_001

  1. ユーカーパック(交渉が苦手な方に!)

    u-car-pacrounded_corners

    ユーカーパックは2016年4月からスタートした買取代行業者。買取店との提携数は1年で1000を突破。

    チェック印電話対応は主にユーカーパック1社!買取店との交渉も一切なし!査定もたった1回!
    チェック印お申込みや手数料は完全無料!
    チェック印※ユーカーパックは買取が目的なので最低希望売却金額を超えると売却キャンセルができません。

    ※ユーカーパックの現在の対応地域は(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、愛知県、宮城県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県、岡山県、長野県、愛媛県)

    ユーカーパックの利用の流れ:1:愛車をユーカーパック提携のGSへ持ち込んで査定または自宅まで出張査定⇒ユーカーパックで愛車の査定の情報と車検証の基本情報、最低希望価格を提携買取店側に公開⇒車買取店が愛車の公開情報を見て3日以内に買取希望額を掲示

    3:買取店の希望掲示額の中から気に入った買取店を選択して売却決定(買取店の選択猶予は3日間)⇒選択した車買取業者からユーカーパックに買取額を入金⇒ユーカーパックからあなたに入金のご連絡

    4:選択した買取店に愛車の引き渡し⇒ユーカーパックから入金額が振り込まれ完了。およそ愛車の査定から売却後現金の振り込みまで1週間程度。即日売却はできない点に注意。買取業者との交渉がまったくないので、安心して車の高値売却ができます。
     
    button_001

  1. かんたん車査定ガイド(優良店のみを選びたい方に!)

    atemrounded_corners

    かんたん車査定ガイドはCMでも毎日のように見かけるエイチームが運営する車一括査定サイトです。

    個人情報を入力すると、「だいたいこのくらいで買い取ってもらえますよ」といった概算での車買取の相場価格が表示されるのがこのかんたん車査定ガイドのメリットです。

    チェック印提携会社はJADRI加盟の優良店のみ!
    チェック印すべて無料!キャンセル料なし!

    さらにかんたん車査定ガイドと提携している車買取店はJADRI(日本自動車流通研究所)に加盟している優良店ばかりなので、トラブルを抱えたくない方に利用してほしい一括査定会社です。

    たとえば、トラブルはめったにないことですが、万が一、契約して車を渡したけど、やっぱりキャンセルしたいときにJADRIに加盟している優良店の場合にかぎり、車を渡した次の日までに限りキャンセル料を無料にすることができます。さらに契約してから売却代金は期限までに支払わないといけないという決まりがあるので、トラブルを防ぐことができます。

    他にも、もし査定してもらって契約したけど修復歴が見つかって査定額を減額させてほしいといわれた場合でも契約を無効にすることができます。万が一のトラブルの相談は中古車買取トラブルセンター0120-93-4595で対応してもらえます。

    このように安全面は徹底していますので、電話対応ができる方は利用価値が大きい一括査定サイトです。

    button_001

  1. カービュー(個人情報が心配な方に!)

    carviewrounded_corners

    カービューはソフトバンクとヤフーが作った一括査定会社です。日本で初めて一括査定会社を始めたことで有名で国内最大級な老舗として知られています。現在までに利用者が400万人を超えています。さらに多くのネットユーザーが利用している、みんカラもカービューが運営しています。

    チェック印事故車、不動車、バスなども売れる!
    チェック印すべて無料!キャンセル料なし!

    カービューは個人情報保護にとても厳しいとされるトラストeに加盟していますので個人情報について心配な方でも安心です。提携している車買取店の数は200社以上と結構あります。そして、事故車やバス、商用車など特殊な車両も査定してもらえるので、ちょっと訳ありの車をお持ちの場合にはもってこいの一括査定サイトです。なお、車買取店は最大で8社まで選ぶことができます。

    button_001

  1. カーセンサー(迷ってる方におすすめ!)

    carcenser

    カーセンサーは提携している数もとても多くて知名度抜群なので安心です。

    チェック印メールだけのやり取りができます!
    チェック印すべて無料!キャンセル料なし!

    カーセンサーは地元の買取専門店が多く提携していることが多いので、買取店選びに困らない点で特におすすめです。

     
    button_001

以下は車の一括査定で高く売るための重要なポイントなどを記載してあります。ちょっと長くなりますので、気になったことを目次で調べて活用していただけたら幸いです。

目次

1.個人情報を入力しないで下取りの車買取価格を調べる方法
2.下取りと買取の違いは?なぜ下取りだとここまで安くなってしまうの?
3.誰でもできる車を高く売るコツとは?
4.車買取価格を知るだけなのに個人情報はなぜ必要なの?電話やメールを一発で来なくする断り方
5.下取りシュミレーションを参考に近所のディーラーに下取り査定に行ってみました。結果は・・・
6.車売るタイミングとしてお得なのは車検の前?後?
7.車の傷やへこみは査定前に修理するとNG?
8.車買取で高く売れる色とは?
9.車買取相場で走行距離はかなり重要視される?
10.車買取相場の価格が下取り価格を下回らないようにするために気をつけることとは?
11.車売るタイミングがモデルチェンジ前のほうが最適な理由
12.車買取のキャンセル料金は?どういうときに払うルールになってるの?
13.車査定の前に洗車しておくと高く売れやすい理由とは?
14.車内掃除をして車査定で高く売る!
15.車売るときに必要なもの11選!これさえあれば準備万端!
16.車を売るタイミングのベストな時期とワーストな時期
17.車を売る前の準備段階でやってはいけないこと、知っておくべきこと。
18..車内にペットの臭いがするときの消臭方法
19.車を売るときの6つの手順と流れ!

個人情報を入力しないで下取りの車買取価格を調べる方法と活用の仕方

個人情報を入力しないで下取りの車買取価格を調べる方法

車下取り相場の価格を個人情報を入力しないで知りたいという方に以下のサイトを挙げておきます。

下取り参考価格シュミレーション

日産の下取り相場シュミレーション

トヨタの下取り相場シュミレーション

下取り参考価格シュミレーションの結果があなたの愛車の下取り価格になるとは限らない点に注意!

ここで注意していただきたいことがあります。これらのサイトは個人情報なしでカンタンに調べられます。しかも大手自動車メーカーのディーラーの下取り実績をもとに相場を作成されているので下取り相場としてはとても信頼できるデータであることは間違いないかと思います。

ただし以下のように但し書きが書かれていることからもおわかりのとおり、

この下取り価格の相場は参考価格なので、あくまで実際に車を査定してみないと実際の車買取価格の相場はわかりません。車種と年式だけを考慮した車買取価格なので走行距離や外観などの要素をまったく考えない状態だった場合はこの車買取価格になる可能性があります」という意味になります。

ですのでキズやへこみ、走行距離がオーバーしていたりすると表示された下取り参考価格よりもさらに減額の対象となる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

トヨタの場合

トヨタ下取り査定

日産の場合

日産下取り査定

そして、すでにご理解いただけてるかと思いますが、もし、下取りしてしまったら大金をドブに捨てることになるかもしれないということになります。

車買取相場で高く安全に売るたった一つの方法は個人売買でもなくオークションでも下取りでもありません。

紛れもなく一括査定のみです。

一括査定で複数の買取店に愛車を査定してもらって一番高く買いたがっているお店が掲示している車買取価格こそがあなたの愛車の本当の意味での車買取相場といえます。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

個人情報を入力しないで下取りの車買取価格を調べた後の活用の仕方

繰り返しになりますが、以下の楽天オートの下取りと買取どっちがお得の欄を見ていただくと下取り価格よりも一括査定の買取額のほうが15万円ほど高いとなっていますよね。

下取りと買取の差額の画像
他の一括査定サイトでも平均的に10~15万円ほど下取りよりも一括査定の買取のほうが高く売れている傾向があります。

ですので先述の下取り参考価格シュミレーションを活用することで車種ごとに、だいたいこの価格が下取りの買取価格の上限なんだなという目安はある程度知ることができます。

もし愛車の状態が良い場合には、一括査定のときに、この下取りの車買取価格よりも10~15万円高く売ることを目標にしながら交渉をすると、安心して高値売りができます。

(※5年で10万キロ走行しているなどの過走行車や、買い手が少ない車、年式がかなり古いなどの場合には下取り査定と差がないこともあります。)

もし希望額に届かなければ一度、見送ってもっと高く買い取ってもらえそうな買取店を見つければいいので、慎重に望むことが大事だと思います。

下取りと買取の違いについて知っておきたいという方に以下の内容をご説明いたします。

下取りと買取の違いとは?なぜ下取りだとここまで安くなってしまうの?

下取り・・・減点方式

下取りはディーラが行っている車の売買方法です。下取りの歴史は古く、ネットが普及するまでは下取りがメインで行われていました。

下取り価格は最初から各メーカーの下取り実績データの相場から車の上限価格を決められてしまいます。そして、その上限価格以上で高く買うことはしないという前提でおおよその下取り額を決められます。

さらにキズやへこみがあれば減点、さらに走行距離が多ければ減点、買い手が少ない車ならさらに減点といった具合で、限界ギリギリまで減額してから車の下取りの価格を決めるという方法です。加点はまったくされないのが通常の下取り手法です。

そもそも下取りは新車を買ってもらうことを条件に下取り交渉を進めるため、顧客が断りにくい状況での交渉となります。

ですので、あらかじめディーラーが有利な立場で最初から下取りの上限が決まってしまっているため、上限を超える価格交渉しても担当は決裁権を持たされていないので、結果的に決裁権がある上司に相談しないといけません。

決裁権がある上司は本社の顔色が気になりますので、交渉がうまくいくことはかなり難しいでしょう。

どんなにお得意さんという立場で新車価格をマケてもらうように交渉したとしても表面上ではマケたように見せかけるだけで実際には下取り価格を減らすなど調整してあらかじめ設定された価格内で交渉が決まってしまうのが現状です。

買取・・・加点減点方式

買取は、車専門の買取店が行っている売買方法です。

車専門の買取店の歴史のはじまりは1990年ごろだと言われています。それまでは下取りがメインでしたので、車を高く売るという発想自体がありませんでした。

車買取店の相場基準はオートオークションと呼ばれる車買取店やディーラー専門のオークションでの現在の相場や店頭での販売価格を参考に車の買取価格の基準を決定します。

そして、人気がある車なのか不人気な車なのか、車の外装や内装はどのような状態なのか、走行距離は長いのか短いのかなど、加点と減点を組み合わせながら最終的な車買取価格を決定します。

下取りは減点のみですが、車買取店の査定方式は加点も加わりますので、減額の度合いも下取りと比較すると軽度になることが多いです。

また、不人気者は加点は見込めませんが、人気車の場合は買取しても売れる可能性が高いので、薄利多売をメインに活動している買取店では大幅な加点もあったりします。

買い取った車は転売をすることで共通していますが、車買取店にはいろいろなタイプがあり、とにかく利益さえあげれば良いという薄利多売を目的とする車買取店や下取りよりも高く買い取ってそこそこ利益をあげるという車買取店などさまざまです。

いずれにしても多くの車買取店では独自で強力な販売ルートを確保しているので、その分、下取りよりも高く買い取ってもらいやすいです。

下取りと買取の違いについて、いかがでしょうか?

車を買取ってもらうときには、しっかりと高く売れるお店を見極めて売らないと、知らず知らずのうちにネギをしょったカモにされてしまいます。下取りのディーラーの営業マンはあの手この手で、あなたの愛車を安く手に入れようとします。私も危うくカモにされそうになったことがありましたので・・・気を付けてくださいね。

過去に車を売ったことは何度かありますが、オンライン査定がこうして普及するまで私は車買取に関してまったくの無知でした・・・

そんな私でも車を高く売ることができましたので、「あまり車買取について詳しくないなぁ」とお考えの方でも、きっとお役にたてる情報かと思います。

おそらくディーラーに普段お願いしているほとんどの方が「車を売るなら大手ディーラーで下取りすれば安心でしょ?」と思っているはずですし、「車買取価格の相場は決まっている」と誤解しているはずです。

いまとなっては「あまりに個人情報について慎重になりすぎて、危うく高く売る機会を逃すところだった」と思ってますが当時は石橋をたたいて割るほど慎重派でした。

ただ、「個人情報は入力したくない・・・相場なんてどこも同じはずだし、どうせ売るのなら大手ディーラーでいいのでは?」と、この考えにこだわるのをやめたことでトータルで26万8000円も下取り相場より高く車を売却することに成功しました。

なんとホントの車買取相場は下取り価格よりも26万8000円も高かったんです。
この差額はなんとボーナス一回分に相当します。

ボーナス

⇒私がボーナス1回分得した大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

誰でもできる車を高く売るコツとは?

では、どうしたら、これだけ高く売ることができたのか?

すでにここまでお読みの方はご理解いただけてると思いますが、下取りはやめて信頼できる大手の一括査定サイトで申し込んで車買取店を競争させて高く買い取ってもらっただけということになります。

実際に高く売るためにはちょっとしたコツはあるので、以下の記事をお読みください。

⇒車買取査定で高く売るための5つのコツ!買取店泣かせの極秘手法とは?

一括査定サイトで査定を申し込むと住所に近い複数の車買取店を選ぶことができます。選ぶ車買取店の数は多ければ多いほど、あなたの愛車の販売を得意とする車買取店が見つかりやすくなります。

車買取店の数が多ければ多いほど、なかなか時間が取れなくなる気がしますが、一度に同じ日時に呼んでしまってかまいません。そうすればみんな約束の時間を守って来るので1時間もあれば取引が成立します。車買取店も一括査定で呼ばれ慣れているので気にしません。

まずは事前に下取りではいくらになるのかをお近くのディーラーに掲示してもらってから一括査定で下取りプラス10万円以上を掲示してくれる車買取店のみ集めて希望額に達したら即決で売ることを条件にオークションのように競争させるんです。そして車買取店の中で最も高い車買取価格を掲示してきた車買取店に即決で売ってしまいましょう。

車買取店側としても即決で買い取れるとなれば、本気で競り落とすために熱がはいります。どうしても欲しい車ならちょっとくらい高く買ってもいいかと、値が吊り上がったりします。

ただ、売る意思がないと車買取店側としても本気で買おうとしなくなってしまいますので気を付けてくださいね。

このようにすれば、少なくとも下取りの車買取価格よりも高く売れる状態にもっていけますし、あとは車買取店の過熱感次第で相場の予想を超える価格で売却することだって狙えます。

最近では、ネット利用者は当たり前のように、ほとんどの人が一括査定を行っているんですね。よい車買取店に出会えると以下の図のように愛車の価値をあまり落とさずに売却することも可能です。

裏を返せば、一括査定サイトを利用しないでディーラーに下取りを依頼するだけで26万8000円を損していたことになります。

ランドクルーザーのような人気車の場合は一括査定を利用しないで、ディーラーに下取りするだけで50~100万円近く損してしまう場合もあるといわれています。ですので、一括査定の存在を知らないってホント怖いことだと思います。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車買取価格を知るだけなのに個人情報はなぜ必要なの?電話やメールを一発で来なくする断り方

個人情報を守ろうとするお考えも大事ですが、愛車をホントに正確に査定してもらうときには実際に査定士さんに愛車の状態を診に来てもらわないといけないですし、そのために電話番号、住所、お名前などの個人情報の入力は必要になります。

車買取店だって評判を落としたくないですから必要なこと以外には使いません。ですので、車を売るという大事な決断のときには個人情報を伝えるという度胸も必要なんですよ。

大丈夫です。私も最初は不安でしたが、きちんと高く売ることができました。査定は無料なので費用はまったくかかりません。売りたくないときには「すでにほかのお店に車を売った」といえば、連絡は来なくなりますし、用が済めば連絡は来なくなりますから安心してくださいね。

あと、万が一、しつこい営業マンが電話をかけてきたときに完璧に断るフレーズも「すでにほかのお店に売ったので」といえば、すんなりとあきらめます。そもそも営業マンがしつこいときにはそれだけ、あなたの愛車の価値が高いことを意味しています。だからこそ、他のライバル店に買われないうちに手に入れたいから電話をかけてくるんですね。

なので、「すでに売ってしまった」といえばすんなりとあきらめざるを得ないので覚えておいてくださいね。

安心

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

下取りシュミレーションを参考に近所のディーラーに初めて下取り査定に行ったときのエピソード。結果は・・・

過去に一括査定の存在も知らないときに実際に初めて下取りシュミレーションのサイトで表示された車の買取価格の相場を参考に、近所のディーラーに行ったときのエピソードです。当時、近所のディーラーに愛車を下取りに出すならいくらなのかを聞いてみたところ、表示された車の買取価格の相場よりも20万円近く低めの価格で掲示されました。

下取りの掲示価格に納得いかなかった私は「ネットの下取りデータの相場よりもかなり安いですけど、なぜ、こんなに安いのですか?」と担当者に聞いたのですが、「えっとそうですね・・・ このお車のカラーですと、このお値段が限界になります。これ以上高く買い取ることがちょっと難しいので、申し訳ないのですが・・・。」と詳しくは語られませんでした。

ちなみに黒系や白系は人気ということだけはわかりました。

そこで「まぁ、これが現実の車買取価格の相場なのかも」と納得しかけたのですが、こんなに安ければ売らないでそのまま乗っていたほうが全然マシだと思い、下取りに出すのはやめようと思いました。

そんなときに、ディーラーの担当者は続いて以下のように言ってきました。

「あの・・・もしよろしかったら、これからご購入される予定のお車の値引き額も含めて10万円アップで下取りさせていただきますが、いかがでしょうか?」と・・・。

なんとか下取りさせてほしいといった、まるでわらにもすがるような目で訴えてきました。

「値引きしてもらって10万円アップ??果たして、どうしたらいいだろう?めんどくさいから売ってしまったほうがいいのだろうか?」

と、その当時しばらく考えましたが、どうしてもディーラーに掲示された下取りの車買取価格ではあまりに安すぎて納得がいかず、とりあえず返事は数日後ということで、一度、自宅に帰っていろいろと愛車の車買取相場について調べることにしました。

すると、あるホームページで車を最高額で買取ると書かれた広告を発見しました。車の情報を調べていると、こういう広告って関連性が高いので表示されますよね。

あまりに安い下取りの車買取価格をディーラーに掲示された反動からか、慎重派の私でも「どうせ、どこへ売っても安くしか買い取ってもらえないだろうし、ちょっとだけ見てみようかな」とちょっと広告のサイトの中を見てみることにしました。

はじめて知ったのは、かんたん車査定ガイドという一括査定サイト

試しにそのサイトに訪問してみると、以下のような感じで下取りよりも高く売れることが記載されていて衝撃の光景を目の当たりにしました。

かんたん車査定ガイド下取りと一括査定比較

実際の売却価格とデータが掲示されていたのですが、なんとディーラー下取りの車買取価格と一括査定の差額がとんでもない差になることがわかりますね。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

一括査定の魅力は、愛車の価値が高ければかなりの良い値で売れるということです。

「下取りと一括査定の買取の差額が135万円、110万円、57万円、51万円・・・」ただ、売る場所を変えるだけなのに、あまりにディーラーの下取り額と一括査定の買取額に開きがありすぎて、なんだかうさんくさい気がしてしまうほどですね。

135万円なんて新車の軽自動車一台が買えてしまうほどの金額です。きっと初心者の方はこれだけの差額がでてしまうと書かれていても「車の買取相場にそんなに差があるはずがないのでは?」と先入観がでてしまい、ピンと来ないでしょう。

いまではこの情報が真実だとわかる私も以前は疑ってばかりでした・・・

ですが、かんたん車査定ガイドは東証一部上場企業の株式会社エイチームが運営しているので信頼できるところなのは理解できました。おそらくテレビをよくご覧になっている方はエイチームのCMもご存じではないでしょうか。

これだけの知名度があってみんなが知っているエイチームですから、この情報の信ぴょう性は高いと考えるのが自然です。間違っていたら、とっくに大騒ぎになっていますからね。

となると上記の図が本当だとすればディーラーに下取りに出す人は明らかに安く売らされてることになりますね。

そこでいろいろと問い合わせしたりして、調べてみたのですが、下取りよりも高く売れるといっても車種が人気なのか不人気なのかにもよるということがわかりました。

ただ、どんなに不人気の車種でも、下取りの車買取価格の相場よりも高く売れることが多く、下取りプラス10~15万円くらいは狙える場合が多いということも教えてもらいました。不人気でもこれだけの差額が生じるってすごいですよね。

10~15万円でも高く売れれば、それを生活費や税金、車検代などいろんなことに回せます。

逆に人気車種ならプラス50~100万円も高く売ることができることも珍しくないというお話を聞いてすごいなと思いました。

たとえば、ランドクルーザーの場合、今でも国内や海外でも、ものすごい人気なので、走行距離が多くても結構な高値な相場で売れるという話は聴いたことがある方も多いと思います。上記のランドクルーザーの場合、7年経過で走行距離6~7万キロのランドクルーザーが460万円と書かれていますね。

もちろんこれだけの車買取価格なら、相当に綺麗に乗っていることが条件ですが、ランドクルーザーをこれだけのかなりの高値で買取してしまうと、さらに価格を上乗せして他の顧客に売ることができる車買取店でないと、この価格で買い取ることは不可能ですよね。

買ったはいいけど、売れないままだと車買取店がつぶれてしまいますから・・・

ですので、それだけランドクルーザーに力をいれている車買取店に査定してもらわないといけないのですが、だからこそ一括査定で多くの車買取店に査定してランドクルーザーの販売が得意な車買取店に査定してもらうのが車を高く売るための秘訣ということなんですね。

ランドクルーザーはどこの車買取店でも人気らしく、結構な車買取価格を掲示してくれるそうなので、もし買えるならランドクルーザーは相場的に考えても値崩れしない鉄板の車種ということになりますね。

ランドクルーザーの場合、下取りでも、他の車種に比べて、まぁまぁの価格になることもあるそうなのですが、ディーラーから強引に聞き出した裏話では、下取り車として他の車買取店やオートオークションへの転売を考えているので、中間手数料のコストも加算しなければならず、かなり割り引いた相場価格でないと下取りしてもらえないそうです。

ですが、上記の図ではランドクルーザーが350万円での下取りと書かれているので、ディーラーが下取りでこのランドクルーザーを手に入れて車買取店に売却すれば中間手数料を差し引いてもディーラーの利益として大きな差額を手にしている可能性が高いですね。

それを考えると、なんだか下取りに出すのがバカバカしくなってきますよね。知らない間にディーラーに50万円とか100万円が渡ってしまうのは嫌ですね。

そして、他の情報も載っていたんです。じつは車買取店を集めて一括査定をするだけでお店ごとに車買取額に違いが生じて「各車買取店の掲示額の差が60万円、41万円、31万円、30万円の差額」車買取店ごとに販売が得意、不得意があるので、お店ごとに相場が異なり、結果として車買取価格に差が出るということになります。

そして、これらの車のカラーを見て思ったんです。「あれ?人気カラーの白や黒でもないのに車が高く売れてるじゃん!」とはっきり言って衝撃的でした。私がディーラーへいったときにはカラーにいちゃもんつけられましたので・・・

ということで先ほども述べましたが、このかんたん車査定ガイドは東証一部上場企業でCMまでバンバン出している株式会社エイチームが運営しているので、結論としてここなら信頼できますので個人情報を入力しても良いのではないでしょうか。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

ここで慎重派の私が考えたことは、「まだ他の一括査定会社のサイトも見ていないじゃん」ということでした。一括査定会社のサイトにはそれぞれの特色があるはずなので見極めてからでも遅くないと考えました。慎重すぎるでしょうか。

ということでオンラインで見つけたカービューのサイトでも似たようなことが書かれています。

カービューは、すでに利用者数が400万人を超えて、みなさんご存じのソフトバンクの子会社でみんから、という大手車情報サイトを運営しているので安全性は問題ありません。

以下の図では下取りの車買取価格と一括査定を行った場合の車買取価格の比較の図なのですが、トヨタノアが下取りの車買取価格で36万円と掲示されたのが一括査定の車買取価格で63万円と掲示され、結果的に27万円の差額分が得になったことが書かれています。

カービュー下取りと買取価格比較

さらにホンダフィットが下取りで22万5000円と掲示されたのに対して、一括査定の車買取価格では45万円と約2倍の車買取額になったことが書かれていますね。

いずれも一括査定サイトで愛車を売却しないでディーラーで下取りしてしまうとボーナス一か月分も損してしまうので、よく考えたほうがいいということになりますよね。

また、楽天オートのサイトにも訪問したのですが、楽天オートのサイトにも下取りよりも車買取店のほうが高く売れるデータが記載されています。

楽天といえば国内のネットで最大手のサイトですよね。私もよく楽天市場を利用します。そんな楽天グループの一部に楽天オートがあります。信頼度は抜群ですので、個人情報は安心して入力できますし、問題はまったくありません。

以下の楽天オートの図のように繰り返しになりますが、車買取店の車買取価格の平均額と下取り価格の平均額の差が15万円になっています。

楽天オート一括査定と下取り比較

大型自動車から軽自動車まで幅広いのですが、それでも13万円の差があるのはそれだけ下取りでは安くしか売れない事を物語っていますね。

ただ、その前に一括査定とは何なのか?わからないという方もいらっしゃると思いますので、説明しておきますね。

一括査定サイトに個人情報を登録して自宅に近い車買取店をたくさん選ぶと、選択した車買取店が愛車の査定に自宅まで来てくれて、車買取価格を掲示してくれるシステムです。

車買取店はそれぞれが、独自の査定を行うので、車買取価格に差額が生じ、一番高い車買取価格を掲示してきた車買取店舗に売れば差額分だけ得をするということなんですね。

ただ、デメリットも存在します。それは車買取店を多く選べば選ぶほど電話やメールがそれだけ増えてしまうことです。メールならまだ対応ができますが、電話がたくさん来るとさすがにどのように対応したらよいのか困ります。

そこでメールだけの対応ができる一括査定サイトがないのか気になりますよね。そこで登場するのがカーセンサーです。カーセンサーはは私が最も利用している一括査定サイトです。

カーセンサーといえば、あの超有名なリクルートが経営している一括査定会社ですので信頼しても大丈夫です。普通に申し込んでしまうと電話が来てしまいますが、メールアドレス入力項目の下に”任意項目:売却希望時期など、ご希望がある場合はこちら”をクリックして連絡希望時間帯の入力項目の空白に”メールのみの対応を希望します。”と入力することでメール対応だけで済みます。

一括査定で複数の買取店を選択するとどうしてもより多くの買取店と連絡を取り合わないといけません。その中で対応が良さそうな会社で、なおかつ愛車を高く売れるような会社を選ばないといけないので、電話がメインだと面倒な事も確かです。

その点、メールの内容を見て、気に入った車買取店と連絡をしてみて、良かった車買取店と出張査定の約束をすれば、とても効率がよいと思います。

あとカーセンサーのホームページは、他の一括査定サイトと比較しても、他の一括査定サイトのようにレビューが書かれてないのでそれほど目立ったものはないのですが、どうしたら高く売れるのかポイントがぎっしりと書かれていて参考になります。もし、車を売るための知識を増やしたい方は一度カーセンサーの申し込み欄の下を読んでみるといいかもしれません。

私はカーセンサーのサイトに書かれているポイントは繰り返し読んで車を高く売る技術を身に付けました。ためしにカーセンサーへ一括査定を申し込んでみると、選択できる車買取店がとても多いことにびっくりしました。住んでいる地域にもよりますが、私の地域の場合は、かんたん車査定ガイドや楽天オートが2社だったのに対してカーセンサーは5社です。

結局、一括査定で車買取店同士に競争させることができれば、どこの一括査定サイトでも問題はないわけで、選択できる車買取店が多いカーセンサーならそれだけ車を高く売るチャンスが増えるということですからカーセンサーが一番高く売れるチャンスが広がると考えるのが自然ですね。それにメールのみのやり取りで気に入った車買取店だけと交渉できるのも魅力ですね。

もし電話が苦手だなと思っている方はカーセンサーがきっとあなたの味方になってくれるはずです。

⇒一括査定サイトのカーセンサーはこちらです。

車売るタイミングは車検の前と後ではどっちがいい?

車売るときのタイミングとして一つの目安とされているのが車検の前です。車検の前のほうが区切りがいいですし、車検を通すのはまず面倒くさいという方も多いです。そして車検にだしてみると、破損したパーツがいろいろと出てきて思わぬ出費なんてことも意識されています。

では、もし愛車を査定に出したときに、車検に出さないで査定してもらった場合と車検に出した後で査定してもらった場合ではどのくらいの査定価格が違うのか気になる方もきっと多いのではないでしょうか・・・

そこで今回は車売るタイミングとして車検前のほうがホントに良いのか、車検に出した後で車売るときと車検に出さないで車る場合ではどっちが得なのかについて迫っていきたいと思います。

車売るタイミングとしてお得なのは車検の前?後?

結論からいってしまいますと、車売るタイミングは車検の前がかなりのお得ということになります。

車を査定してもらうときに車検までどのくらいの期間があるのか残りの月数で判断しますので車検までの期間が長ければ長いほど車の査定価格は上積みになります。しかし車検の代金と比較すると車検代のほうが高くなりますので、車検を通すとかえって損してしまいます。

まず、24カ月車検を受けると24カ月分の残月数が加算されます。しかし、査定してもらってもあまりプラスにはなりません。

どういうことか説明いたしますね。軽自動車の場合、24カ月車検を受けると最低5万円、部品交換などをすると7万円くらいかかりますよね。しかし車検を受けたことによるプラス査定は24カ月分の残月数で判断しても最大で3万円のプラスにしかなりません。

また、例えばトヨタのアルファードのような高級車を車検に通す場合、最低7万円ですが部品交換などすると多い時には15万円もかかってしまうこともあります。大きい車ほど部品代は高くつくものです。しかしアルファードの査定では24カ月の残月数で最大で6万6000円になるので、部品代がかかってしまった場合は結構な損になってしまいます。

ちなみに車検までの残りの月数が3か月以内の場合、プラス査定にはなりませんのでゼロ円です。残りの月数が4か月目からようやくプラスになります。しかし、たとえプラス査定にならなくても、車検に出さないでそのまま車を売ってしまったほうが結果的にはすごくお得です。

詳しい内容はこちらの車検満期までの残りの月数に記載されています。

また、車を売るときには下取りに出すよりも一括査定がとてもお得です。私はいつも一括査定サイトにお世話になっております。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車の傷やへこみは査定前に修理するとNG?

長年、車に乗り続けていると、傷やへこみが気が付かないうちに、ついてしまうことはよくありますよね。わかってはいるのですが、それでも愛車を売りたいと思ったときに、よく愛車の外装を丁寧に確認してみたら傷やへこみがあると査定価格が下がってしまうのかとガックリしますよね。

傷やへこみがついてしまうと見た目にも影響が生じてしまいますので「傷やへこみがついたまま査定してもらっても減額されてしまうのでは?」と疑問に思い落胆される方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そうかといって愛車を修理に出したほうがいいというわけではありません。修理にわざわざ出さなくても、査定で減額されないこともありますし、むしろ修理にだすと費用がかさんでしまう可能性もありますので注意が必要です。何もしないほうがかえってお得だったということもあります。

車の傷やへこみの評価は査定する買取店の判断次第によって異なります。

車は外を走らせれば砂利などでも傷やへこみがつくので少しくらい車の傷やへこみがあったとしても減額の対象とならない場合があります。

車の傷やへこみがあってもマイナス査定にならない対象となる傷は以下の通りです。

・ドアノブなどにありがちなひっかき傷くらいの軽度な傷なら買取店で消すことができるため、マイナス査定にならない

買取店ではコンパウンドと呼ばれる研磨剤で塗装を研磨することで外装についた軽度な傷を消します。

このコンパウンドで消せない傷があった場合にはマイナス査定となります。

車の傷やへこみは自分で治そうとするのは危険!買取店にすべて任せるべし!

車の傷が査定評価を下げる要因になりやすいことから自分で治してしまえば良いと考えるかたもいらっしゃると思います。

しかし、自分で車の傷を消そうとするとかえって、初心者の方は特に傷が目立ってしまうことがあります。たとえばペン式の傷隠しやスプレーの傷隠しがありますが、これらを使用するとかえって目立ちます。そうなってしまうと逆効果です。

また、プロの塗装業者に車の傷を修理に出すと結構な費用をとられることがありますし、塗装業者の腕によって車の傷をうまく隠せる業者とそうでない業者がいます。

そして、へこみを修理するために板金修理を依頼しても修理したての時にはきれいな仕上がりであったとしても時間が経過するともともとの素材が違いますので、色の違いが鮮明になってしまうことがあります。

ほかにも、修理する色や車種によっては結構高い費用になってしまうこともありますので、慎重にならざるを得ません。たとえば、国産車の大衆車の場合は修理費用が安く済む傾向がありますが、高級車や外国産の車の場合は特注部品の取り寄せなどもあり、経費がかえってかかりやすくなります。

その点、買取専門店は独自の塗装業者と提携しているため安く修理を済ますことができますので、マイナス査定されても、修理費用を考えればトータルではお得ということになります。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車買取で高く売れる色とは?

車の色が車買取価格に反映されることはよくあります。やはり人気色であれば、それだけ高く売れやすい傾向があります。では、「どれが人気色なのか・・・」そんなときに信頼できるデータが「2015年版自動車人気色調査報告書」と呼ばれる資料です。

「2015年版自動車人気色調査報告書」は世界のリーダー的存在であるアメリカのアクサルタコーティングシステムズが毎年調査している報告書で、最近では2015年のものがあります。

この「2015年版自動車人気色調査報告書」では日本国内で人気のある色は以下のように挙げられています。

日本国内で人気のある色は?

第一位ホワイト33%
第二位ブラック20%
第三位シルバー14%
第四位ブルー9%
第五位レッド7%
第五位そのほか7%
第七位グレー5%
第八位ブラウン4%
第九位イエロー1%
第九位グリーン1%

このデータによりますと、ホワイトが一番人気ということになります。そして次にブラック、その次がシルバーといったところです。実際、このデータは的を得ていて、私がお聴きした大手車買取専門店でも車の人気色といえばホワイト⇒ブラック⇒シルバーの順に答えられました。

車の色はホワイト(白)そしてパールホワイト(光沢のある白)、ブラック(黒)が鉄版と最近では特に言われるようになりました。このように言われる理由は大衆受けが良い無難な色なのでホワイト、パールホワイト、ブラックの車を買いたい人が多いといわれているからです。そして、その次に無難な色なのがやっぱり、シルバー(銀)といった感じになっています。

また、年齢層別の傾向では、ブラックは若者、ホワイトは全世代、シルバーは年配者に支持される傾向があります。

逆にパープル(紫)、グリーン(緑)、ブラウン(茶)、ピンク(桃)、ゴールド(金)、イエロー(黄)などの個性的な色は大衆受けされてにくく、買いたい人が少ない傾向があります。ですので、売るときには安くなってしまうことも
あります。

なぜブラックやホワイトのほうが無難なの?

たとえば、男の人が紫の軽自動車に乗っていたら、どのように思うでしょうか。ある意味で目立ちますよね。また、痛車(いたしゃ)のような車はマニアック向けですので、買い手が少ないので高く売れる可能性が低くなってしまいます。逆にホワイトやブラックなどの人気色の一般的な車は買い手が多いので多少価格が高くても売れる傾向があります。

その仕組みは株をイメージしていただくとよくわかります。株も魅力のある株はどんどん上昇しますが、少しでも受けが悪い情報が生じれば売りが殺到して価格が下落します。このようなイメージで車のカラーは車の価格に少なからず影響を与えています。

また、車種ごとにブラックとホワイトで人気の度合いが違います。たとえばハリアーはホワイトよりもブラックのほうが人気といわれています。

重要なことなのでもう一度いいますが買いたい人が多ければ多い車ほど車の価値は上昇します。逆に買いたくない人が多ければ車の価値は上がりません。

このような傾向があるので、同じ車であってもボディカラーが人気色なのか不人気色なのかによって買取してもらうときに価格差に大きな違いがでてきます。たとえば高級車レベルの人気車では50~100万円くらいの差が生じることもあるといわれています。

このように車のボディカラーは人気色か不人気色かで車を買取してもらうときに大きな価格差が生じたりしますので、車のボディカラー選びには注意したいところです。

それでは世界とアジアで人気のある色はどれが挙げられるのでしょうか。気になったので「2015年版自動車人気色調査報告書」を調べてみますと、以下の通りでした。やはりホワイト⇒ブラック⇒シルバーの順に人気があります。

世界で人気のある色は?

第一位ホワイト35%
第二位ブラック18%
第三位シルバー13%
第四位グレー10%
第五位レッド7%
第六位ブルー6%
第六位ブラウン6%
第八位その他2%
第九位イエロー2%
第十位グリーン1%

アジアで人気のある色は?

第一位ホワイト41%
第二位ブラック16%
第三位シルバー12%
第四位グレー7%
第四位ブラウン7%
第六位レッド6%
第七位ブルー4%
第八位その他3%
第八位イエロー3%
第十位グリーン1%

2010年まではずっとシルバーがダントツの人気を誇っていたのですが、2011年以降はずっとホワイトが君臨しています。
ですので、ホワイトやブラックの車は比較的高く買い取ってもらえる車といえそうです。

また人気順でみますとダントツ一位がホワイト、二位にブラック、三位がシルバーです。このトップ3のカラーのうちホワイトとブラックの車は比較的高く売れる無難なカラーといわれています。シルバーは普通といったところですが値崩れはしにくい色です。グレー、ブラウン、イエロー、グリーンは人気がないのでガクンと安くなってしまいます。

それでは、今後、車を購入するときにどんな色を選ぶべきか悩んでいる方に、これらの車の色を人気だけでなく使い勝手やあらゆる面を考えて、それぞれの色のメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

人気色第一位:ホワイトのメリット・デメリット

ホワイトのメリットはなんといっても日本だけでなく世界でもナンバーワンの人気色なので、年代関係なく万人受けが良いことです。ホワイトの車を乗っていても周囲に違和感は与えることはありません。なので、需要が多く高く売れる傾向があります。

そしてホワイトは色の性質から清潔感も感じられ、夏の日には日光の熱を吸収しにくい色でもあるので1℃から2℃程度下がる傾向があるといわれています。さらにキズがついても目立ちにくいです。

6年前まではシルバーが人気ナンバーワンでしたが、時代の移り変わりでホワイトが台頭しています。ホワイトにはいろいろな種類がありますが、パールホワイトが特に人気です。

ホワイトのデメリットは白が目立ちすぎるため若干ホコリなどが目立ちやすいところです。ですが、他のカラーと比べて最もデメリットが少なく最も無難な色だといえます。

人気色第二位:ブラックのメリット・デメリット

ブラックのメリットはとてもカッコイイことです。男性が乗るとキリッと引き締まりますし、女性が乗るとなんとなくイケイケといった印象があります。そのため比較的、若い人に好まれる車の色です。黒が目立ちすぎますのでホコリや汚れも若干気づきにくいという特性があります。

また、人気色として知られていますので車種によってはホワイトよりもブラックのほうが高く売れたりします。

ブラックのデメリットはブラックならではの夜間の目立ちにくさから事故率が多いといわれていることです。イギリスの医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」でブラックの事故率はホワイトの2倍との結果があったとニュージーランドのオークランド大学が発表しています。

たしかに昼間は目立ちやすいですが、夜間になると目立ちにくいことは否定できません。そしてブラックは日光の熱を帯びやすく白よりも1℃から2℃程度上がるといわれています。

さらにこすりキズが付くととても目立ちます。

人気色第三位:シルバーのメリット・デメリット

シルバーのメリットはとても光沢があり、夜でも目立つことです。そういった色の特色があるのかわかりませんが、イギリスの医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」でもシルバーの事故率がとても低いデータがでています。安全性の高い色であることから年配の方に好まれる傾向があります。

なんとホワイトの事故率の4分の1なんだそうです。また人気色第3位ですので値崩れしないことが頼もしいです。

以前は世界でダントツに人気ナンバーワンでしたので今後も人気が続く可能性が高い色です。またキズも目立ちにくいですし、ホコリも目立ちにくいです。ちなみにベンツのイメージカラーはシルバーですので高く売れる傾向があります。

ブルー・レッド・グレーは車種によりけり!

車の色の中でもブルー・レッド・グレーは特に車種によって価格差が生じます。たとえばスバルのインプレッサといえば青ですのでブルーが人気があり、フェラーリやアルファロメオの代名詞といえば赤ですのでレッドのフェラーリは高く売れます。シルビアは昔からかなり流行っていましたが人気色といえば今でもグレーです。

このように車種ごとにイメージカラーというものがありますので、そういった人気色であれば高値売却も可能になります。

イエロー・グリーンは世界中で不人気・・・

イエローとグリーンはアクサルタ社の「2015年版自動車人気色調査報告書」をみると人気がありません。ですので、需要が少なく売るときには安くしか売れません。もちろん車種のイメージカラーがイエローやグリーンでしたら高く売れる可能性がありますが、そういった条件がない限りは値崩れは避けられません。

個人的にはイエローはお金持ちが乗るイメージがありますので、ひょっとするとごく一部の方には人気があるのかもしれません。

ただ、値崩れを気にしないという方でしたら、お好きな色を乗るべきだと思います。私も風水という観点からゴールドが好きだった時がありますので値崩れ覚悟で乗っていたことがあります(笑)。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車買取相場で走行距離はかなり重要視される?

車を買い取るときに買取店側がかなり重要視している要素があります。。

もちろん車の人気度もありますが、車の走行距離がかなりの影響を与えています。

そこで、今回は走行距離が価格にどのくらい反映されてしまうのかについて検証しながらご紹介していきたいと思います。

まず、どのように検証するのかといいますと、6年経過しているホンダフリード2台分を用意します。

走行距離が基準をオーバーしているホンダフリードと走行距離が基準内であるホンダフリードでどのくらい価格に差が現れるのか比較してみます。

そして、下取り相場と一括査定で売却された時の価格など比較して
どちらがどれくらいの価格で売れたのかを検証していきます。

走行距離が明らかに過走行だった場合、どこまで価格下落が起きるのか?ホンダフリードで徹底検証!

ホンダフリード6年経過車で基準6万キロをはるかに超える場合はいくらになるのか?

たとえばですが、2015年11月に40代男性によってホンダフリードの一括査定が行われ売却した口コミがありました。

売却があったホンダフリードの概要は以下の通りです。

年式:2009年式(売却時期:2015年11月の6年経過車)

グレード:Gクラス

エンジン:CVT

排気量:1.5リットル

新車当時の価格161.0万円

走行距離:9万キロから10万キロの間

この車の下取り相場の価格は以下のとおりです。

日産の下取り相場の価格:15.5万円から25.5万円

以下の黒四角の相場をご覧ください。

ホンダフリード日産下取り相場

(※上図資料は日産の下取りシュミレーションより)

トヨタの下取り相場の価格:37万円

以下の黒四角の相場をご覧ください。

ホンダフリードトヨタ下取り相場

(※上図資料はトヨタの下取りシュミレーションより)

下取りシュミレーションには但し書きが記載されています。

日産の場合

日産下取り査定

トヨタの場合

トヨタ下取り査定

つまり、あくまで参考価格ですが、下取りシュミレーションの価格は状態が良いという前提です。

状態が良いということは、どういう状態かといいますと、現在買い手がある、キズやへこみがない、汚れがない、事故歴がない、カラーが白または黒などの無難な色、他にも走行距離が1年間あたり1万キロ以内であること。(例:5年経過車なら5万キロ以内)であることが考慮されるということになります。

ですので、今回のホンダフリードは6年経過車なので6万キロ以内で外装や内装がきれいな状態であれば日産では15.5万円から25.5万円、トヨタなら37万円で下取りしてくれた可能性があるということになります。

しかし、今回、40代男性が売却されたホンダフリードはなんと走行距離が9万キロから10万キロの間ですので、実質は3~4万キロ走行過多となり、以下の図の矢印のように10万円以上の大幅な減額が避けられない状態でした。

走行距離との関係フリード
(資料:カービューみんカラのフリードデータより)

それでは、いくらで売却できたのでしょうか。実際の売却価格を見ていきたいと思います。

ホンダフリードの実際の売却価格は?

ホンダフリードの実際に売却されたときの買取価格は20万円でした。

詳しくは以下の図の黒四角をご覧ください。

カービューみんカラのフリード

(資料:カービューみんカラの一括査定した人の口コミデータより)

ここでもう一度おさらいしたいと思います。

ホンダフリード6年経過車

6万キロ以内であり、外装や内装がきれいな状態であれば以下の価格で買い取ってもらえる可能性がありました。

日産の下取り予想額:15.5万円から25.5万円

トヨタの下取り予想額:37万円

実際に一括査定で売却できた価格:20万円

ただし9万キロから10キロ以内の過走行状態の車だったことは見逃せません。
6年経過車で3~4万キロオーバーの場合、10万円以上の減額の見込みとなります。

ですので、実際に日産へ下取りしてもらうと上記の下取り予想額から過走行を考慮すると5.5万円から20.5万円、トヨタへ下取りしてもらうと27万円あたりになるのではないかと推測されます。

この結果から今回のホンダフリード6年経過車は実際3~4万キロ走行距離がオーバーしていたので、減額は避けられず下取りの相場よりも下回る可能性がありますが、もし6万キロ以内で一括査定していたら30万円以上で売れていた可能性が高く、まずまずの売却価格だと思います。

そして、買取店がたった2社だけでしたので、もっと買取店の数を増やして競争させていたら、うまくいけば5~10万円はアップできていたかもしれません。

もし、この考えが正しいならホンダフリードで走行距離が基準内なら一括査定で高く売れる可能性が高いということになります。

そこで、以下の走行距離が基準内のホンダフリードで一括査定してみて、どのくらいの価格で売買されてたのかみていきたいと思います。

ホンダフリード6年経過車で基準6万キロを超えない場合はいくらになるのか?

では、早速ですが6年経過車で走行距離が6万キロ以内だったらいくらで売れるのかをホンダフリードで探っていきます。

2016年2月にも40代男性によってホンダフリードの一括査定が行われ売却した口コミがありました。

先ほどのホンダフリードと同じ6年経過車なので、グレードも近く、よく似た状態ですが、走行距離が6万キロ以内ですので、比較するとどのくらい査定価格が違うのかはっきりするかと思います。

売却があったホンダフリードの概要は以下の通りです。

年式:2010年式(売却時期2016年2月の6年経過車)

グレード:G ハイウェイエディション7人乗りクラス

エンジン:CVT

排気量:1.5リットル

新車価格:173.7万円
(※先ほどのGクラスよりも新車価格が12万円ほど高いグレードです。)

走行距離:4万5000キロから5万キロの間

この車の下取り相場の価格は以下のとおりです。

日産の下取り相場の価格:32.5万円から42.5万円の間

以下の黒四角の相場をご覧ください。
ホンダフリードGhiwaye日産下取り相場

(※上図資料は日産の下取りシュミレーションより)

トヨタの下取り相場の価格:60万円

以下の黒四角の相場をご覧ください。

ホンダフリードGhiwayeトヨタ下取り相場

(※上図資料はトヨタの下取りシュミレーションより)

ホンダフリードGhiwaye一括査定買取額

(資料:カービューみんカラの一括査定した人の口コミデータより)

ここでもう一度おさらいしたいと思います。

ホンダフリード6年経過車ですが6万キロ以内であり、外装や内装がきれいな状態であれば以下の価格で買い取ってもらえる可能性がありました。

日産の下取り予想額:32.5万円から42.5万円の間

トヨタの下取り予想額:60万円

実際に一括査定で売却できた価格:100万円

今回のホンダフリードは上図の一括査定の口コミに記載されているとおり、先述にご紹介のホンダフリードとは異なり、走行距離がとても少なく4万5000キロから5万キロの間です。

※1年ごとに1万キロ以内であれば、評価がまずまずとされているので6万キロ以内であれば、許容範囲内ということになります。

ですので今回のホンダフリードは6年経過車でも4万5000キロから5万キロの間ならかなりの好条件です。

さらに上図のカービューの一括査定の口コミに記載されているとおり、この40代の男性は一括査定で5社もの車買取店に査定してもらっていました。

ですので、走行距離も評価されるなどホンダフリードの価値がわかる買取店に出会ったおかげでトヨタの下取り相場よりも40万円も高い100万円で売却できたことにつながったと考えられます。

そして、日産の下取り相場と比較すると57.5万円から67.5万円も高く売れたことになります。

ここまで高く評価されたのは、おそらく車の外装も内装もそれなりに綺麗だったのかもしれません。

あと見逃せないのが、裏を返せば、一括査定を利用しないで日産のディーラーで売っていたら、50万円以上損していたことになることです。50万円以上となれば、ボーナス2か月分ですから下取りにだすのは、とてももったいないと考えられます。ここまでの内容をカンタンにまとめてみます。

冒頭で取り上げた過走行のホンダフリードは20万円の売却でした。

それに対して、先ほど取り上げた走行距離が基準内のホンダフリードは100万円の売却でした。

もともとグレードの関係から後者のホンダフリードは新車価格が12万円ほど高い状態なのですが、それを考慮してもかなりの差額ですね。また、過走行のホンダフリードは2店舗のみの査定だったのに対して、後者は5店舗でしたので、その差もあったと考えられます。

このように走行距離や外装内装などの状態などによっても査定価格は変動しますし、買取店によっても車に対する評価は異なりますので、より多くの車買取店に依頼して愛車を評価してくれそうな買取店を見つけることが大事ということが読み取れます。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車買取相場の価格が下取り価格を下回らないようにするために気をつけることとは?

最近では一括査定こそが車を高く売るときの最大の秘訣という方が多くなっているのですが、残念ながら全部の車種で必ず下取りよりも高く売れるのかといいますと、そうとは言い切れなさそうです。

どの車でも下取り相場より高く買ってもらえるのか?この疑問があった私は、これまで、いろいろな車種のユーザーのレビューから100以上の車種で下取り相場と一括査定での差額を比較してきました。

その結果から分かったことは、とんでもなく下取りよりもはるかに上回る査定をしてもらった方がいる一方でマイナス要素が加わってしまうと下取り相場のほうが若干でも高くなってしまう場合がある事がわかりました。

下取り相場のほうが高くなってしまう原因として考えられるのは、以下のことが考えられます。

・車買取店同士を競争させなかった
・下取り相場基準よりも買取店のマイナス評価のほうが大きかった
・そもそも買い手がなかなか現れない車だった
・事前に下取り査定をしなかったため買取店の言い値で決めてしまった
・愛車をどうしても欲しいという車買取店が現れなかった

一括査定でも高くうれない原因:車買取店同士を競争させなかった

車買取店は同時査定といって同時に集めて売る気がある前提で競争入札という形で査定してもらうと、今買わないと手遅れになるという競争心がでてくるので、ついつい高めに買ってしまうことがあります。

しかし、バラバラに車買取店に査定してもらった場合だったり依頼者側に売る気がない場合には競争心がでてこないので値段の上乗せは同時査定と比べると難しくなります。

一括査定でも高くうれない原因:下取り相場基準よりも買取店のマイナス評価のほうが大きかった、事前に下取り査定をしなかったため買取店の言い値で決めてしまった、愛車をどうしても欲しいという車買取店が現れなかった

下取りはもともと車の価値は考慮しません。とりあえず、ギリギリまで安く買っておいて後で車買取店に転売したりして差額を儲けにしていきます。

それに比べて一括査定は、買取店同士の競争もありますし、買取店は下取りよりも高く買うという前提で交渉に望んできます。しかし愛車がとても不人気だったり、買い手が不在のような状況だったりした場合、車買取店も買ったところでどこに売ればいいのか困ってしまうこともあり、結果として低評価になってしまうので、下取り価格よりも低めに掲示されてしまうことがあります。

ですので、まずはディーラーに下取り価格の掲示をしてもらってから一括査定で下取り価格よりも5~10万円高く売ることを前提に交渉に望まれるほうが良いと思います。

そして、現在査定してもらっている車は人気車なのか不人気車なのか見極めて、どうしても車買取店が買う気がない場合には、キャンセルすることも十分に可能なので、乗りつぶすなどの選択をすることもできます。

逆にランドクルーザーのような人気車だった場合には下取り価格よりも50万円以上高く売ることを前提にたくさんの車買取店に交渉していくようにしたほうがよいでしょう。うまくいけば100万円上乗せできることもあります。

もしあなたが車を売りたいとき、愛車が人気のある車なのか、それともあまり需要がない車なのかによってかなり違ってきます。

冷静に考えてみれば、すでに、車買取店にたくさんの車があふれている(供給過多)場合やだれもが買いたくない車(不人気者)だった場合、お店が仕入れたところで、売れなければ損してしまいますし、売れなければ売れないほど維持費のコストがかかります。

ですので、ディーラーによる下取りであっても車専門の買取店であっても最終的には顧客に売るので、売れなければ利益が出せず意味がないということになりますよね。

ただ、結論から言えることは一括査定のほうが下取りよりも車の価値を認めてもらえるので大幅に買取額が高い傾向が多いということです。

契約しなければキャンセル料は無料なので、査定だけはしてもらうと、愛車の現在の価値がわかりスッキリすると思います。
もしかなりの価格で売れるようなら売ってしまえばお得ですので。

車売るタイミングがモデルチェンジ前のほうが最適な理由

車売るタイミングの常識として知られているのが大手メーカーでモデルチェンジ車が発売される前に売ってしまうという戦略です。もし、うまくいけば、車種にもよりますが、10万円近く安くなってしまう前に売ることができます。モデルチェンジ車が発売される前に車を売るには、先回りして情報を手に入れる必要があります。

それでは、どうやったら先回りしてモデルチェンジ情報を手に入れることができるのか、または何でモデルチェンジが起きてしまうと車売るときに安くなってしまうのかについてご紹介していきます。

モデルチェンジ前に車売るわけとは?

車を買いたい人よりも売りたい車の台数が上回れば値崩れが起きてしまいます。この考え方を踏まえて、なぜモデルチェンジする前に車を売るべきなのかといいますと、モデルチェンジ前なら市場に出回る車の台数が圧倒的に少ないからです。車売るタイミングはメーカーからモデルチェンジの発表があってからでは遅いです。

なぜなら、車情報雑誌で近々モデルチェンジが行われるという情報が出回り、新モデル車に乗り換えたい旧モデル車の所有者が「値崩れする前に売ってしまおう」と先回りして旧モデル車を売ってしまうからです。

車情報雑誌でそろそろモデルチェンジするという情報が発表されると、その途端に旧モデル車から新モデル車に乗り換えたい人が旧モデル車を売却していくので市場に旧モデルが次々と溢れるように増えてしまいます。旧モデル車が市場に出回るようになりますが、旧モデル車の所有者は新モデル車しか買う気がなくなるので、旧モデル車の売れ行きが自然と悪くなります。

モデルチェンジが中古車市場に出回る前と後ではどのくらい査定価格が違うの?

車のモデルチェンジが中古車市場に出回る前と後では車種にもよりますが、5万円~15万円くらい違ってくると考えてよいと思います。軽自動車よりも高級車のほうが価格の下落が大きいです。

モデルチェンジがいつなのか時期を知る方法

モデルチェンジが起きてからでは時はすでに遅いということを先述いたしました。ですので、モデルチェンジがそろそろ行われることを知っておく必要があります。

モデルチェンジの時期はフルモデルチェンジとマイナーモデルチェンジがありますが、どちらの場合でも規則性はありません。

ただ、マイナーモデルチェンジは2年~3年、フルモデルチェンジは5~6年が目安となっていますが9年でフルモデルチェンジする車種もありましたので、確実な時期の把握は難しいです。

また、モデルチェンジの時期を正確に知る方法として車の情報の月刊誌があります。車の情報雑誌がモデルチェンジの情報を手に入れることはスクープなので、どこよりも早く情報を提供してくれます。実は、ディーラーのスタッフもこのスクープ情報を車の情報雑誌で調べている傾向があります。

車の大手情報雑誌としては「ベストカー」「CARトップ」「ホリデーオート」「マガジンX」「月間自家用車」「ヤングマシン」などがあります。どれもコンビニでも買えますし、ネットで注文することもできます。

価格は雑誌にもよりますが1冊350~600円ほどです。特に雑誌を買う必要がないという方はコンビニで立ち読みをしても良いのですが、ご自分が今お乗りの愛車について書かれているかどうかをネットの一部情報で調べることもできるときがあります。

ネット検索すればモデルチェンジの時期がわかることがありますが、先回りしすぎて間違った情報もありますので、正確な情報だけを選ぶのなら、車の情報雑誌で知る以外にありません。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車買取のキャンセル料金は?どういうときに払うルールになってるの?

車査定で買取店に来てもらい、車買取の契約を結んだけど、キャンセルしたくなることはありますよね。
たとえば、「もっと高く買い取ってくれるアテができた」「どうせ売るなら知り合いに売りたくなった」
「最初は売るつもりだったけど、よく考えたら売る必要がなかったので売りたくない」
「買取店から不具合を指摘され契約した買取額よりも減額してほしいといわれたからキャンセルしたい」
などなど、車買取のキャンセルまでの背景には、それぞれの理由があったりします。

そこで、今回は、車買取のキャンセルのそれぞれの理由に沿ったキャンセルの仕方についてご説明いたします。

二重査定だったら完全にお店側の落ち度だから支払う必要はない。

ただし、契約書に記載されていることを確認しないで契約してしまったのなら買取店の損害額が妥当なら支払う必要はあります。

車買取店に売却の契約をして車を引き渡したのはいいけど、その後、車買取店の担当から電話がかかってきて、車の不具合(エンジンの欠陥や異音、修復歴があったこと、事故車だったこと、へこみや傷など)が見つかったので再査定(二重査定)となり当初の査定額よりも減額となり●●万円のお支払いとなります。と言われてしまったケースの対処法についてご説明します。その方はそれなら売りたくないからキャンセルしたいといいますと、「契約をキャンセルされる場合には違約金として▲▲万円請求となりますが、よろしいですか?」とさらに追い打ちをかけられてしまいパニックに陥ってしまったそうです。それで契約書を読み直すと、確かに違約金を支払わないければいけないことが書かれていたのでほんとに払う必要があるのか悩んでいました。

このような場合にどうしたらいいのかといいますと、数点ポイントを確認しておく必要があります。

(1)車買取してもらったお店が再査定を禁止しているjadriに加盟しているのか
(2)事故車や修復歴車と言われた場合、あなたに心当たりはあるのか?過去に車を購入したときに手にした契約書や見積書に修復歴ありと書かれているか?
(3)車を買取してもらってからどのくらいの日数が経過しているのか
(4)請求された金額はいくらなのか
(5)売買契約書はあるのか

上記の(1)はまずチェックするポイントです。

jadri(ジャドリ)は一般社団法人 日本自動車流通研究所のことであり、この団体は中古車の流通業界の健全化をめざしていて、jadriならではの審査を通過した日本全国の数多くの優良な買取店が加盟しています。

jadriに加盟している買取業者一覧(主にどういうお店が加盟しているのか)

・ガリバー
・カーセブン
・アップル
・オニキス
・カーセブン
・カーチス
・ソッキン王
・ビッグモーター(ハナテン)
・カウカウ
・タックス
・ジーアフター
・カーリンク

他にもありますので、もし気になった方はjadriの加盟店は以下のサイトで確認することができます。
jadri加盟店一覧

依頼した買取店がjadri加盟店だった場合

そもそも査定士は査定の段階で気づくのが当然ですので、車を引き取った後で欠陥に気づくことはお店側に落ち度があったと言えざるを得ません。(※査定の前の段階で修復歴があったや事故車だったことなどを知っていた場合には報告する必要があります。)

ですので、もし車を売却した車買取店がjadri加盟店でしたら、再査定は原則禁止されているので、無効にすることができますし、
契約した後、すぐにキャンセルをしようとした場合キャンセル料金も請求してはいけないことになっています。

もし車を売却した車買取店がjadri加盟店なら、そのお店の本社に連絡するようにしましょう。なぜなら、お店側はjadriに加盟しているので再査定は望んでいないということになりますので、あくまで担当の営業マンが単独でこういった行為を行った可能性があるからです。それでもダメならjadriや消費者生活センターに連絡して対応してもらいましょう。

依頼した買取店がjadri加盟店ではなかった場合

では、次にjadri以外のお店と車買取の契約をしてしまったときにどうするかをご紹介します。まずは再査定で車がどのような状態であると担当に言われたのか振り返ってみましょう。事故車・修復歴であるといわれた場合は、もし、査定の前の段階で過去の修復歴や事故歴があったことを知っていた場合には申告しないといけないですし、もし事前に事故を起こしてそのことを黙って売却していた場合にはキャンセル料や減額の請求に応じなければいけない場合もでてくるのですが、まったくあなたに身に覚えのないことであり知らなかった場合にはあなたに落ち度はありません。

事故車・修復歴車・傷・へこみといわれて、納得されてない場合には、まず、買取店に、ほんとに車に欠陥部分があるのか証明書を発行してもらいましょう。この証明書を持参して消費者生活センターに相談してみることが一つの手段ですが、その前にあなた自身に落ち度がないことを以下の方法で確認しておくほうが失敗がないでしょう。

修復歴車かどうかを確認する方法

当該車が中古車として販売されているときに購入した場合ならそのときの契約書や見積書に修復歴ありと書かれているかどうかを確認します。あなた自身に心当たりがない場合には、あなたの前のオーナーの時に事故などがあった可能性がありますので、そういったときの履歴は隠すことができないので契約書または見積書に修復歴ありと必ず記載されているはずです。もし、契約書や見積書がないときには購入したお店に確認してみましょう。

そして、もし当該車が新車のときに購入した場合には、メンテナンスノートや整備手帳などを調べてみます。

もし、ここまで確認してみて修復歴が確認できない場合には、そのまま消費者生活センターに相談してもいいのですが、さらにあなたに落ち度がないことを証明するために一般財団法人 日本自動車査定協会に 修復歴があるのかどうなのかを公正な方法で調べてもらうという方法もあります。もし、買取店で修復歴があるといわれても、日本自動車査定協会で修復歴がないと判断されれば、査定の内容に食い違いが生じますので、そのうえで消費者生活センターに相談すると有利に運びやすいです。

ただし、日本自動車査定協会の鑑定費用は有料となっていますので、お住まいの管轄の日本自動車査定協会に確認してみましょう。

一般財団法人 日本自動車査定協会は中古車の査定方法の公正で中立な健全化に努めていて、査定士のスキルアップも行っている団体です。全国に50以上支所があり、自動車会館の中に、この団体があります。この団体は中古車の鑑定も行っていますので、公正な立場から修復歴があるのかどうなのかを査定士に確認してもらい車両状態確認証明書を発行してもらえます。

キャンセル料を払うべきかどうかはキャンセル条項を確認すること

契約書に記載のキャンセル条項を隅々まで確認します。そして、何日までなら、もしくは、どこまで手続きを踏んでいたらキャンセル料がかからないのかを確認します。そのうえで上記の(3)のように車の買取契約からどのくらいの日数が経過しているのかを確認します。この場合のキャンセルの連絡までの期間は早ければ早いほど良いに越したことはありません。遅いとすでに直接販売で顧客に販売してしまったりオークションで売却してしまったりするので、そういった場合にキャンセルを申し出ると、買取店側がかなりの痛手を受けることになります。むしろ、キャンセルすらできなくなる場合もでてきます。ですので、なるべく早く手を打つのがベストな方法です。

(※お店によっては契約してから2日以内ならキャンセル料が発生しないと明記している場合もあれば、契約した瞬間からキャンセルしたい場合にはキャンセル料が発生することが書かれている場合もありますので、お店ごとにキャンセル条項はまったく異なりますので注意が必要です。)

もし、キャンセル料請求が避けられないほど日数が経過している場合には、その買取店がどのくらいの損害を受けたかに応じてキャンセル料を支払う必要がでてきます。ただし、消費者契約法第9条第1号 では支払うとしても平均的な損害額までであり、限度を超える金額については支払わなくてよいことになっています。

そこで、次にチェックすべきなのが(4)のキャンセル料はどのくらいと言われたのか?という点です。

買取店にキャンセル料の内訳はどうなっているのか?を確認して具体的な根拠を説明してもらいましょう。
そして、そのうえで掲示されたキャンセル料が平均的な損害額なのかを消費者生活センターに相談してみることをおすすめします。

そして、個人相手に売却されたときについついありがちなのが(5)の売買契約書がないというオチです。車買取店に売却した場合には売買契約書は渡されるはずですが、知人だったりした場合には売買契約書がないということもあります。そんなときでも口約束だけでも車を売却すると決めた時点で契約が成立してしまうので注意が必要です。

⇒あなたに合った大手の一括査定サイトランキングはこちらです。

車査定の前に洗車しておくと高く売れやすい理由とは?

もしこれから車査定にだそうと思っている場合には洗車をしておくほうが間違いなく良いです。たまに質問サイトで「洗車をしたぐらいでは査定なんてあがらないのでは?」と書かれているのを目にします。

査定では確かに査定士が見るチェックシートでは車の外装の汚れなどの項目はないので普通に査定を受ければ減額されないのですが、査定士も人間であることを忘れてはいけません。査定士さんは公正に客観で判断しているようでも、知らず知らずのうちに「なんだこんなに汚いのか・・・このオーナーは車を大事にしてないのかもなぁ」など口には出さなくても感情を抱き主観で判断することになりますのでイメージは良くしておくに越したことはありません。

よく部屋は心を映す鏡だと言われたりしますが、車にも同じことが言えます。車を見れば、その車のオーナーの性格まで透けて見えてしまうのです。

車査定を受ける前に洗車をしておいたほうがいいわけとは?やっぱり第一印象が大事

たとえば、はじめて友人の家に行ったらゴミが散らかっていて、カビが生えた食器があったり、汗でしみ込んだTシャツが脱ぎ捨ててそのままだったら、かなりイメージダウンしますよね。もう、友人の家には行きたくないと思ってしまいます。

それと同じで車の外装もほこりだらけで黄砂や鳥の糞がついている、さらにタイヤをみれば泥がいっぱいついているとなれば、車査定にだしたところで、査定士さんの脳裏にマイナスイメージを植え付けることになります。

あなたが査定士さんだったら、泥だらけの車の査定をしようと思うでしょうか?少なくても不安な箇所はとにかく減点しようと思ってしまいますよね。

もし査定士さんが潔癖症の方ならなおさら、マイナスなのは言うまでもありません。

そうなると、車の隅々まで粗さがしをされやすくなりますよね。それにもし、車のボディに泥がついていれば、「泥で目立たないように傷隠しをしているのではないか」、といったあらぬ疑いを抱く査定士さんがいないとも限りません。

「これは傷なのかわからないけど、とりあえず減点にしておこう」そう思われながら査定されてしまえば、
通常よりも安くなってしまうのは避けられません。

このように洗車をしてない車のオーナーに対しては疑惑の目を向けることになりがちになってしまいやすいので注意が必要です。

逆に車の洗車をしておくとどうでしょう。車の綺麗な状態を査定士が見ると、きちんと査定する気になりますし、この車のオーナーなら車を大切にしてそうだし内装もきれいな状態に違いないとイメージアップしますので、傷があったとしても大した傷ではないし問題ないかと査定が甘くなったりすることもあります。

このように、第一印象はとても大事です。ですので車は心を映す鏡といえるのです。

洗車は洗車機ではなぜダメなのか?傷をつけないで見た目が見違える洗車方法

では、早速、洗車機で洗車をしようと考えたくなりますが、どんな洗車機でも使ってはダメです。
なぜなら洗車機で洗車をすることでキズがついてしまうからです。「いやいや、今の洗車機はキズが付かない素材を使っているから大丈夫だよ」という方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに以前の洗車機は洗車をすると、ナイロン製のブラシを使っていたので傷がつくということでしたが、最近の洗車機は洗車をしても傷がつかないようなビニール系やスポンジ系の素材でブラシを使っているから大丈夫という話もよく聞きます。

確かに傷がつかない素材なのは間違いないのですが、それでも、どんな洗車機で洗ったとしても傷がまったくつかないということはありません。洗車したときには目立たなくても乾いて日光に当たると傷が浮き彫りになったりします。

そもそも傷ができる原因は洗車機というよりも、車に付着していた砂利や小石、そのほか地面から拾った黄砂などの鉱物性粒子、こびりついて硬くなった酸性またはアルカリ性の鳥の糞などが原因である可能性が高いです。

どんなに傷がつかないブラシが洗車機に搭載されていても、その洗車機のブラシに砂利や硬くなった鳥の糞がついていれば、意味がありません。あなたの車を洗車する前に、数えきれないほどの車を、その洗車機が洗ってきたとなれば、ブラシに砂利などが全くついてないとはいえません。

ですので、なるべく車に傷がつくリスクを避けるという意味で洗車機はつかわないほうが無難です。

もし、すでに洗車機で洗ってしまい傷がついているという場合には、コンパウンド入りのワックスなら消えることが多いので試してみることをおすすめします。

傷がなるべくつかないようにする正しい洗車方法(擦ってはダメぜったい!)

まず、車のボディに鳥の糞がついてないかチェックします。鳥の糞は時間が経過すると、車のボディにこびりつき固まります。そして鳥の糞は酸性だったりアルカリ性だったりするので、いずれにせよ車のボディに塗装が錆剥がれたり、ひび割れるなど悪影響をもたらします。虫の死骸も同様に時間が経過するとともに酸性になり、車のボディに悪影響をもたらします。

これらの鳥の糞や虫の死骸は、擦って取ろうとすると、傷がついてしまいますので、こびりついた場所にタオルをかぶせて上から40℃から80℃のお湯を上から軽くかけて10分くらいあてます。すると徐々に熱で浮いてきますので、あてていたタオルをそっとはがし、一度洗った後で再びタオルをあててお湯を軽くかけます。この動作を3回くらい繰り返すと、ほとんどなくなります。その際のポイントはとにかくこすらないで、そっとはがすことを繰り返します。タオルで擦るとキズがついてしまいますので、注意が必要です。

なお、鳥の糞や虫の死骸がついて、時間が経過してない場合には虫取りの洗車シートを使うのも一つの方法です。

次に砂埃や黄砂がついてないかチェックします。この砂埃や黄砂は結構硬めの鉱物性の微粒子なので、車のボディに傷がつく要因です。

もし、ボディに砂埃や黄砂がついていたら、水洗いをすることになるのですが、その際に手っ取り早いのがケルヒャーの高圧洗浄機を使うことです。洗車場へ行っても高圧洗浄機が使えますので、どちらでもいいですが、家庭に1台高圧洗浄機があるとすごく便利です。ついでにタイヤやホイールも高圧洗浄機で汚れを除去してしまいましょう。

高圧洗浄機を使えばある程度の砂埃や土砂、黄砂を洗い流すことができます。完全に取り除くことはできないので、あとは粘土クリーナーでホースで水洗いをしながら残りの砂埃や黄砂などのダストを除去していきます。

次にすべきなのが、ボディをカーシャンプーで洗浄することです。まず、カーシャンプーをクリスタルパージャパン ホワイトクロスにつけてしっかりと泡立てます。ボディにまっすぐに拭く感覚でクリスタルパーツジャパン ホワイトクロスを動かしていきます。(※円状に動かすと傷がつきやすくなるので注意しましょう。)

ポイント:傷がつかないクロスの選び方

車を拭くときには注意が必要です。繊維類のタオルや布で拭いてもボディに傷ができてしまいます。クロスでも選ばないと傷ができてしまいます。

車のボディはとにかく繊細なので、ちょっとしたことでも傷ができやすいです。

ちなみにクリスタルパーツジャパン ホワイトクロス ですとクロスの中でも特に傷がつきにくいのでおすすめです。

車のボディを拭く前に金属製の板で拭いてみると傷がつきやすいのか確認することができますので、試してみることをおすすめします。金属製の板は板金屋さんで購入することができます。