SDGsとは

SDGsとはSustainable Development Goalsの略で意味は持続可能な開発目標です。具体的には2015年9月に国連サミットで加盟国の全会一致で採択された2030年までに目指す人類の共通目標のことで、人類がこの地球で暮らし続けていくために、そして、誰一人取り残さないために達成すべき目標のことです。

目標は17個あり、できるところから取り組んでいくことが求められます。

SDGs

SDGsに対する当社の目指すところ

当社は、性別、国籍、人種、年齢、障害、考え方、意見、信条、思想などの違いを互いに認め合い、立場によって、ハラスメントや差別することなく平等に働きやすく自由闊達な意見が述べられる職場環境を作ることを目指して取り組んでいきます。

また、地球温暖化対策として温室効果ガスの二酸化炭素の抑制、省エネに取り組むため、

エアコンの冷房の設定温度を夏は27~29度を目安に設定します。
エアコンの暖房の設定温度を冬は21~23度を目安に設定します。
マルチディスプレイのモニター画面のうち使用しないモニターはオフにします。

照明器具のなかで必要ない照明は消します。

仕事で使用する場所の照明はLED照明に全部変えています。

このような節電のほか節水、プラスチックごみの削減、ペーパーレス化などに取り組んでいきます。

照明器具のLED化の様子↓↓↓
照明のLED

夏のエアコンの温度28度設定の様子↓↓↓
エアコン28度設定

1日30分または3000歩のウォーキングを心がけること、推進活動を行うことで心と身体の健康維持に努めます。

テレワークやリモートワークがしやすい環境の構築に取り組み、自宅で仕事を行う在宅勤務、カフェや図書館などで仕事を行うモバイルワーク、コワーキングスペースの使用などを認めています。クラウドソーシングのリモート環境でのお仕事に最適なライター様やディレクター様、プログラマー様にも積極的に外注を行うように心掛けています。

継続的に働きやすい環境を構築するためにワークライフバランスの実現を目指します。

当社としましても、地域ごとのSDGsの普及啓発に全力をあげて取り組んでおり、やがて、日本全国で浸透していくための一端を担えればと思っております。

当社が賛同しているSDGs関連のプロジェクトは以下の通りです。

COOL CHOICE(環境省)

環境省のCOOL CHOICE(クールチョイス)に当社は賛同企業となりました。
COOL CHOICE(クールチョイス)とはカーボンニュートラルの実現に向けてCO2の少ない製品やサービスを選んだりすることです。また、低炭素社会の実現に向けてそれぞれが節電やエコなどを目標に掲げるFun to Shareにも取り組んでいます。

COOL CHOICE

スマートライフプロジェクト(厚生労働省)

厚労省のスマートライフプロジェクト:当社は賛同しています。

スマートライフプロフェクトは国民ひとりひとりが健康寿命をのばすために必要な適切な運動や食事、禁煙、けんしんという4つの柱で国民の健康づくりを行っていこうというプロジェクトです。

当社では、生活習慣病予防のために日々ウォーキングを1日30分以上実施し、後10分余計にあるくために、車を乗らなくてもよい距離なら極力、徒歩や自転車で移動するように推奨しています。

食事もご飯を食べすぎると必要以上に太ってしまう方もいますので、少しご飯を減らして、その分、野菜を多くとるように心掛けることがよいです。生活習慣病予防のためには1日350gの野菜が必要といわれているので、野菜サラダをたべるようにしたり、野菜ジュースや青汁も積極的にとるようにしましょう。

また、タンパク質を摂取することも大事なので、魚や肉、納豆などもきちんと摂取するようにしましょう。

ポジティブ・オフ運動(観光庁)

観光庁のポジティブ・オフ運動に当社は賛同企業となりました。

ポジティブ・オフ運動とは、休暇をとることを前向きにとらえる運動です。仕事での成果を上げるためには、息抜きも大事です。職場での休暇を取りやすい雰囲気を醸成していくことで、仕事のオン・オフを切り替え、メリハリのあるライフスタイルを構築することが大切です。

また、休暇中には、家の中にいるよりも旅行などの外出を心がけるようにしましょう。
そうすることで気分転換が図れますし、思い出も作ることができます。また、経済の活性化にもつながります。

Myじんけん宣言(法務省・全国人権擁護委員連合会)

ためねたエンタープライズでは法務省・全国人権擁護委員連合会のMyじんけん宣言に賛同し、人権を尊重の為に取り組みを行っています。

My人権宣言

野菜を食べようプロジェクト(農林水産省)

当社は野菜を食べようプロジェクト(農林水産省)の野菜サポーターになりました。

生産量が多い野菜は比較的低価格になりがちです。その一方で
1日当たりの野菜摂取量は平均280グラム程度であり、摂
取目標量となる350グラムを大きく下回っているのが現状です。

そこで、農林水産省は野菜をたくさん食べてもらうために「野菜を食べようプロジェクト」を実施中です。

当社としましても、早速、現時点で安いもやしとキャベツ、じゃがいもを大量購入して
早速もやしとキャベツ炒め、ふかしじゃがいもを作り、おいしくいただきました。

4月から5月の価格と比べると、じゃがいもの価格がかなり値下がりしているので特にお買い得でした。キャベツの価格も値下がりしてきています。また、販売しているお店によって売られているじゃがいもやキャベツの値段が異なりますので、安いところで買うようにしています。

もやしとキャベツ炒めの様子↓↓↓

ふかしじゃがいもの様子↓↓↓ふかしじゃがいもはじゃがいもに十字の線をいれてから網の上にのせて鍋などで蒸すとうまくできあがります。


フォレスト・サポーターズ(公益社団法人国土緑化推進機構)

当社は公益社団法人国土緑化推進機構のフォレスト・サポーターズになりました。
木を植える⇒森を育てる⇒木を収穫する⇒木を使うといったサイクルをこれまで日本人は行ってきたのですが、昨今は、そういった森づくりの循環が途絶えてしまい本来の森の姿が見られなくなりました。

そこで、本来の森の姿に戻すため、フォレストサポーターズができあがりました。フォレストサポーターズは以下の4つのアクションのどれかを実施しています。

ACT1:森にふれよう
ACT2:木をつかおう
ACT3:森をささえよう
ACT4:森と暮らそう

これらのACT(行動する)のうちACT2とACT3に当社は実行してまいります。

一人ひとりの活動から森が再び元気な姿に戻ることを願っています。

さかいSDGs推進プラットフォーム(堺市)

大阪府堺市が提唱する、さかいSDGs推進プラットフォームは、堺市と企業・団体・地域の人たちが手を取り合い、ともにSDGs達成に向けて活動していくために設立されました。堺市といえば、室町時代後半から江戸時代初期にかけて国内でも有数の貿易ができる港として栄えてきました。千利休が堺市で生まれたことは有名です。

当社としましても堺市のSDGsに対する趣旨に賛同し、
さかいSDGs推進プラットフォーム会員になりました。

さかいSDGs推進プラットフォーム

いしのまきSDGs(石巻市)

宮城県石巻市はSDGsに全国的にさきがけの存在です。

宮城県石巻市は「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選出されており、全国のSDGsモデルとして評価されております。

石巻市内にある金華沖は世界三大漁場と言われるほど魚が獲れる場所で金華サバというブランド名が非常に有名です。

当社としましても石巻市のSDGsに対する取り組みに賛同し、いしのまきSDGsパートナーとなりました。

いしのまきSDGsパートナー登録証↓↓↓
いしのまきSDGsパートナー登録証

いしのまきSDGsパートナー登録証とステッカーとマイSDGsわたしたちができること冊子↓↓↓
いしのまきSDGsパートナー登録証ほか一式

SDGs(エスディージーズ)で未来を変えよう!

真庭市SDGs(真庭市)

岡山県真庭市はSDGs未来都市に選定されました。これはSDGsの達成に向けての取り組みが優れている都市という意味があります。また、岡山県真庭市はSDGsの先駆け的な存在として自治体SDGsモデル事業にも認定され全国で10事業の一つになりました。

真庭市は豊かな自然に恵まれ、蒜山高原(ひるぜんこうげん)、湯原温泉、神庭の滝(かんばのたき)といった観光スポットがあるところで有名です。

当社としましても真庭市のSDGsに対する取り組みに賛同し、真庭市SDGsパートナーとなりました。

真庭市SDGsパートナー登録書↓↓↓

ノーマイカーデー(京都市)

京都市では毎月16日をノーマイカーデーと定めています。当社は、京都市のノーマイカーデーの参加事業者です。当社と関係がある京都市在住の関係者の方には、ぜひノーマイカーに協力していただけたらと思います。

ノーマイカーデーとは、文字通り、愛車に乗らないことを呼び掛けるものです。たとえば、マイカー通勤をしないで、代わりに公共の乗り物(バス、電車)や自転車などで通勤するなど、余程の事情がない限り愛車に乗らないようにすればOKです。

愛車に乗らないことのメリットの一つ目は、いままで愛車に乗っていたことで気づかなかった風景に気づくようになること。京都市は魅力的な歴史のある町ですが、マイカーに乗ってるとあっという間に通り過ぎてしまうので、歩くからこそ気づくこともでてきます。

愛車に乗らないことのメリットの二つ目は、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出が減ることです。どういうことかといいますと、2020年度の日本のco2排出量のうち、約18%が自動車や船舶などの運輸部門を占めているのですが、その運輸部門のうち約50%が自家用車という結果がでています。
運輸部門における二酸化炭素排出量(国土交通省調べ)

そのため、ノーマイカーデーの存在意義はとても深く、なんといっても愛車に乗らないだけで現在私たちが抱える地球温暖化抑制に貢献することができます。最近の地球温暖化の影響はすさまじく、海水温が上昇したことで、大型台風の増加、そのほかゲリラ豪雨、線状降水帯といった危険な雨が降るようになりました。

こういった現象を少なくするためにも、まずは身近なところからノーマイカーを意識して行動することが大切です。

がん対策推進企業アクション(厚生労働省)

当社はがん対策推進企業アクションのパートナー企業となりました。

がん対策推進企業アクション登録証↓↓↓

がん対策推進企業アクション登録証とパンフレット等↓↓↓
がん対策推進企業アクション登録証ほか一式

がん対策推進企業アクションポスター↓↓↓
がん対策推進企業アクションポスター

がん対策推進企業アクションとは、がん検診受診率向上のための活動です。がんは早期発見が大事といわれていて、そのためにもがん検診受診率はがん患者抑制に一役買ってくれます。

がん対策推進企業アクションHPの情報によりますと、日本は、先進国の中で唯一、がんが増えている国で、がん大国日本なのだそうです。企業にとって、職場にがん患者がふえてしまうのは、リスクでしかありません。

特に、女性の社会進出や2025年から高年齢者雇用安定法により定年が60歳から65歳に引き上げられることになった昨今ですが、実は、50代前半までは女性のがん患者が多く、60代からは男性のがん患者が多いので、職場にがん患者が増えやすい状況となっているのが現状です。

少しでも、この流れを断ち切るために、がん検診を受けることを当社は推奨しています。

サガハイマット(公益社団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団)

当社はサガハイマットサポーターズになりました。

サガハイマット・サポーターズ登録証↓↓↓
サガハイマット・サポーターズ登録証

サガハイマット・サポーターズ登録証とパンフレット、ステッカーなど↓↓↓
サガハイマットサポーターズ登録証パンフレット

がん治療といえば、放射線治療でエックス線治療がよく知られていますが、がん病巣にダメージを与えることが難しいうえに、がん病巣以外の正常な細胞にダメージを与えてしまうので、身体への負担が大きいとされています。

その点、重粒子線治療は、同じ放射線治療でもがん病巣にピンポイントで狙い撃ちできるので身体への負担を最小限に抑えることが可能で治療期間も比較的短くて済みます。

サガハイマットとは、SAGA Heavy Ion Medical Accelerator in Tosu(鳥栖にある佐賀の重粒子イオン医療用加速器施設)の頭文字をとったものです。佐賀とかかれているので、佐賀県の人しか治療できないようなイメージがついてしまうのですが、全国の病院と連携を結んでいます。

重粒子線の治療中は痛みや熱さなどを感じることがなく、1回の治療時間はだいたい20~30分前後です。

ただ、重粒子線治療は、まだ聞き慣れない方が多いので、普及啓発に努めてまいります。

がん撲滅応援団(一般社団法人メディポリス医学研究所メディポリス国際陽子線治療センター)

当社はメディポリス国際陽子線治療センターが推進するがん撲滅応援団の一員になりました。メディポリス国際陽子線治療センターは2011年に陽子線治療を開始しました。陽子線照射による治療は1回15分から30分くらいで特に入院が必要とされないほど軽く済むと言われています。2022年4月から保険適用となる対象が拡大することになりました。

いずれにしてもがんの早期発見こそが重要です。

PlasticsSmart(環境省)

当社はプラスチックごみによる海洋汚染が海洋生物にダメージを与えている状況を懸念しているため、環境省が提唱するプラスチックスマートに賛同しています。ウミガメがプラスチックごみをクラゲと間違えて飲み込んでしまうといったことは最近よく知られるようになりました。このような状況から少しでも事態が改善していくように、プラスチックごみを減らす運動をしていくようにしたいところです。

マイバッグやマイボトルを日ごろから使用することでプラスチック製買い物袋やペットボトルを使わないようにして結果的にプラスチックごみを減らす流れにつながるようにしています。
↓↓↓
マイバッグ・マイボトル

プラスチックスマート

おもいやりライト

当社はおもいやりライト運動の賛同パートナーです。おもいやりライトとは、日の入りの30分前にヘッドライトをつけることで事故を減らしていこうという運動です。ゆうがたの午後4時から6時あたりの時間帯は歩行者がみづらいので、交通事故が最も多い時間帯と言われています。

当社としましては、車は乗らない方がいいというスタンスですが、どうしてもやむを得ず、車を使う必要があるときには早めにヘッドライトをつけることを心がける必要があると考えています。

おもいやりライトのシール↓↓↓
おもいやりライトのシール
おもいやりライトのパンフレットとシール↓↓↓
おもいやりライトのパンフレットとシール

札幌スマイル

当社は札幌スマイルパートナーに認定されました。札幌が「笑顔になれる街」でありたいのは、札幌に行ってみたい、札幌で暮らしたい、そのように市民に思ってもらうためです。

笑顔は血行をよくするので病気を予防するといわれています。つまり笑顔になることは幸せへの重要なステップということになります。やみくもに笑っているとちょっと変な人だと思われかねないですが、笑えるときには笑えるようにしたいですね。
サッポロスマイルのポスター↓↓↓
サッポロスマイル
サッポロスマイルステッカーなど↓↓↓
サッポロスマイルステッカー

YES【ヨコハマ・エコ・スクール】(横浜市)

当社は、YES【ヨコハマ・エコ・スクール】の協働パートナーとして正式登録されました。ちなみにYESとは、ヨコハマ・エコ・スクールのブランド名です。

YES【ヨコハマ・エコ・スクール】とは、横浜市が立ち上げた脱炭素化・脱温暖化を目的とした横浜市民参加型プロジェクトのことで、環境や地球温暖化に関連した講習やイベントに参加してもっと環境についてよく知っていただき、そのうえで脱温暖化や脱炭素化の活動の中心となる人材を育成し、学びから行動へとつなげていくことを目的としています。

当社としましても二酸化炭素などの温室効果ガスが招いた地球温暖化について非常に懸念していて、昨今の豪雨による災害はとても見ていられません。

もし、ご自身が横浜市民であるとか、横浜に関係があるという方は、ぜひYES【ヨコハマ・エコ・スクール】の主催するイベントや講義に参加されることをおすすめします。

みとよSDGs

三豊市はうどん県として知られる香川県にあり、2020年にSDGs未来都市に香川県として初選出されました。

三豊市はじゃらんの夕日絶景ランキング2018で全国1位に輝いたことがある父母ヶ浜(ちちぶがはま)、桜の超絶景スポットとして知られる紫雲出山(しうでやま)といった観光スポットがあります。

そんな三豊市で行われている、みとよSDGsの取り組みに賛同し、みとよSDGs推進パートナーに当社は認定されました。

みとよSDGs登録証↓↓↓
みとよSDGs登録証

豊橋市SDGs

愛知県豊橋市は2019年にSDGs未来都市に選ばれました。人口減少や超高齢化社会などの課題を解決するために、SDGs日本モデル宣言に賛同しました。市政SDGs調査2020というインターネットのアンケート調査でも満足度1位(調査時期2019年11月19日~12月23日)になったそうです。

豊橋市には、動物園・植物園・自然史博物館・遊園地が集まってできた国内でも有数の複合施設である、のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)、徳川家康の側近として知られる酒井忠次の居城の吉田城といった観光スポットがあります。

そんな豊橋市SDGsに当社は賛同していて認定をいただきました。

さいたま市SDGs

埼玉県さいたま市には東北新幹線・上越新幹線・北陸新幹線といった3つの新幹線が通っている大宮駅があります。そのため、大宮駅は東日本の玄関口と言われるほど。また、バスも非常に充実しているので、さいたま新都心、さいたまスーパーアリーナ、埼玉スタジアムにも通いやすいというメリットがあります。

そんな大宮駅の強みを生かした街づくりプランである大宮駅グランドセントラルステーション化構想などが評価され2019年7月にSDGs未来都市に選出されました。

当社におきましても、さいたま市のCS・SDGsパートナーズに賛同していて、CS・SDGsパートナーズの一員になりました。CSとは市民満足度(Citizen Satisfaction)90%以上を目指すという意味があります。

東村山市わたしたちのSDGsパートナー

東村山市は、東京都の多摩北部の市で人口は15万人ほどといわれています。志村けんさんの生誕の地としても知られており、東村山音頭という歌はとても有名です。

そんな東村山市ですが、人口減少と少子高齢化が進んでいるとのことで本気でSDGsに取り組まれております。
わたしたちのSDGsオープンラボという交流プロジェクトでセミナーやワークショップを通じて、SDGsの知識や地域の課題を共有することで、さまざまなアイデアを結集して事業化として東村山市の活性化に取り組まれております。

当社におきましても、東村山市の東村山市わたしたちのSDGsパートナーに賛同しており、少しでも多くの方に知っていただくために普及啓発活動を行ってまいります。

イランカラプテ

イランカラプテとはアイヌ語でこんにちはという意味になり、やや丁寧なあいさつをするときに使います。そして、本来の意味では”あなたの心にそっと触れさせていただきます。”という意味があるという意見もあります。

アイヌ文化は日本独自の多様性の文化として現在脚光を浴びており、美しい日本の伝統文化を見直すときが来たと考えております。

イランカラプテ

そこで、当社におきましても、イランカラプテのサポーター企業になりました。多くの方に美しいアイヌ文化を知っていただくために普及啓発活動を行ってまいります。